08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ちょっと待て

2009年12月12日
たまにはニュースネタでも。

首相「政治利用に当たらぬ」=宮内庁長官は懸念-中国副主席、陛下と会見へ
12月11日19時54分配信 時事通信

 鳩山由紀夫首相は11日夜、中国政府が正規の手続きを踏まずに求めた習近平国家副主席と天皇陛下との会見を、特例扱いで実現させるよう宮内庁に要請したことについて、首相官邸で記者団に対し「(天皇の)政治利用という言葉は当たらない」と述べ、問題はないとの考えを明らかにした。一方、羽毛田信吾宮内庁長官は記者団に、政治利用に該当しかねないとの懸念を表明。首相と宮内庁側との認識のずれが表面化した。
 宮内庁は外国要人と陛下との会見について、1カ月前までに書面で申請するよう各国に求めており、特に2004年以降は、陛下の健康状態を考慮し、厳格に運用している。首相は「1カ月を数日間切れば、しゃくし定規に『駄目だ』ということで、国際親善の意味で正しいのかどうか」と述べ、特例として会見の実現を求めたことを認めた。同時に「陛下の体調に差し障りのない範囲で、お会いになっていただければとの思いがあった」と述べ、陛下の体調面に配慮したことを強調した。
 羽毛田長官は同日、宮内庁内で記者団の質問に答え「(陛下の)政治的利用ではないか、懸念はないかと言われれば、そうかなという気もする」と述べ、陛下の政治利用に当たる可能性があるとの認識を示した。 


まぁこのことに関してはいろんなところでいろいろ言われるでしょうし
私も同じことを言うでしょう。でも言いたいことだらけなのでせめて記事に対して一言だけ・・・

人のところのルールも守れない奴と友好なんてできるかっ!

うちの国の首相に言いたい言葉です。

まぁ中国に完全にナメられてますし、この国の宰相と与党幹事長は中国を舐め舐めしてますから
こんなことになるのは目に見えてたことですね。起こるべくして起こったことと思っています。
スポンサーサイト
政治 | コメント(0) | トラックバック(0)

子供のケンカ

2008年03月11日
競馬ばっかりもあれなので、たまには真面目な文章も書いときます。
・・・まぁ文才は思いっきりありませんので、ただのモラトリアム学生が書いている
戯言と思っていただければ幸いです(苦笑)

<日銀人事>参院で武藤、伊藤両氏否決へ 民主など不同意
3月11日19時40分配信 毎日新聞

 民主党は11日夕、役員会を開き、政府が提示した次期日銀正副総裁人事で、武藤敏郎副総裁(64)の総裁昇格と伊藤隆敏東京大大学院教授(57)の副総裁起用に不同意とする方針を正式に決めた。副総裁候補の白川方明(まさあき)京都大大学院教授(58)の起用には同意する。共産党は3氏とも不同意、社民党は民主党と同じ判断とする方針。野党は参院で多数を占めており、参院本会議を12日午前に開き、武藤、伊藤両氏の人事案を否決する見通しだ。

 政府・与党は武藤氏の再提示を辞さない構えを見せているが、与党内には慎重論もあり、今月19日に任期が切れて総裁の空白期間が生じる恐れも出てきている。

 衆参両院は11日、議院運営委員会をそれぞれ開き、政府が次期日銀総裁候補として示した武藤氏と、副総裁候補の伊藤氏、白川氏への所信聴取と質疑を行った。

 これを受け民主党は賛否を判断するため党内の意見調整に着手。財務金融部門会議では、武藤氏について「金融の経験は日銀で副総裁を務めた5年間だけだ」などの反対論が相次いだ。伊藤氏についてはインフレ目標政策を掲げていることを問題視し「リスクだけを醸成する可能性がある」などの異論が出た。

 こうした党内情勢を踏まえ、小沢一郎代表や鳩山由紀夫幹事長、菅直人代表代行らが役員会を開き、武藤、伊藤両氏に不同意の方針を決定した。役員会後、鳩山氏は記者団に、武藤氏が財務省事務次官だったことから「財務省そのものの人物で、日銀の独立性が担保できない」と、不同意の理由を説明した。

 この後、参院は議院運営委員会の理事会を開いた。野党各党が12日の本会議開催を求めたのに対し、与党は14日に開くよう求めて反発。同委員会は野党だけで本会議の開会を決めた。与党は12日には衆院本会議を開かず、参院の採決が先行するが、日銀正副総裁人事は衆参両院の同意が必要で、参院で否決されれば人事案は白紙に戻る。参院では白川氏だけが就任に同意を得られる見通し。与党は3氏とも同意のため、衆院本会議で採決が行われれば、白川氏の副総裁就任だけが決まることになる。

 これに関連し町村信孝官房長官は11日午後の記者会見で、「武藤総裁」案が否決された場合の再提示の可能性について「それも選択肢の一つ」と述べた。 鳩山氏は、武藤氏の再提示について「ありえない話。一度否定した人を出し、時間の無駄をさせるべきではない」と強く批判した。

記事が長いなぁ(苦笑)

さてまぁ確実にいえることは、馬鹿なことばっかりしてるなぁということ。

民主党に至っては「審議拒否だぁ」と声高々に叫んで休みまくって
もちろんその休んでいる分の手当ては頂くという金食い虫状態。
何が政権交代だっての。馬鹿らしくて貴様らにいれる票なんざ無いわ!

まぁ感情論は小出しにするとしまして・・・

民主党の方はその武藤という人物が財務官僚出身だから嫌だという。
確かに財務と金融は区別しなきゃいけんということは十分に分かる。
(日銀の独立性だけを言う論理には賛成できないけどね※)

んじゃあ何故にこの武藤という人物は現在「副総裁」なのだね?
その人事には何故反対しとらんのだね?前も反対してたのか?それどっち?
てかもう副総裁を経験している時点で、財務官僚だったという論理は通用せんだろ。

まぁ否決したんならそれでいいさ。参議院で多数があるんだから。
じゃあさ否決したんならコイツがいい!っていう人物を何故に出さないの?
一方的に「嫌や~」なんてその辺の幼稚園児並ではないのかい?
小学校の学級会や中学のホームルームでももっとマシな意見出てくると思うよ。
クラスの委員長なんかを決めるときでも
A「この人がいいな~」
B「ええ~それはちょっとなぁ」
C「じゃあ誰がいいんよ~はよ決めな先生怒るでぇ。あっ自分やんの?」
B「いや②そういうわけじゃないけどなぁ」
A「はっきりしーな。他におらんのやったらX君に決めるデ」
B「いやだからそれはちょっとなぁ・・・」
このホームルーム的議論と何ら変わりが無いように思うのは私だけだろうか?

仮にも政権交代だって言う政党でしょ?それなのになんで自民党案を待ってるの?
あんたらが嫌って言うならそれに代わる人物を出しなさいよ。
「私たちは自民党案よりももっといい人物を知っている!」
って言って対案出せば世間の波も変わると思うよ。
今の現状じゃただの与党ママに泣いて駄々をこねる民主坊やだね。

はっきり言って日銀総裁なんてどうでもいいんだよ。
円高になってるけどそれの対策なんて日銀だけじゃどうにもならんしね。
ただ、日本の中央銀行の総裁がゴタゴタで決まらんということは恥ずかしいわな。

民主だけ言うのもなんだから自民にも言っとくけども、
なんで武藤なる人物しかいないの?代えはいないのかいな?
普通何人かリストアップしてるんじゃないのでしょうか。

まぁいえることは人事が政争の具になってしまいましたね。
民主はガソリンと日銀人事と防衛庁のカードを握ったと思っているのでしょう。
それであとから「これ妥協したるからこっちは言うこと聞けや」みたいなことに
なるんじゃないの?まぁそれも政治のやり方ならそれでいいけど。
政治の側でないこっち側でみてて思うことはただ一点。不快だわね。

こんな日本の中枢でゴタゴタが続いて、子供みたいな争いをしている状況に
若い人間に「希望をもて」だとか「最近の若者は」というのはおかしいんじゃない?
年老いた連中が希望を持てないようなことをしていませんか?


日銀法第3条1項
日本銀行の通貨及び金融の調節における自主性は、尊重されなければならない。
日銀法第4条
日本銀行は、その行う通貨及び金融の調節が経済政策の一環をなすものであることを踏まえ、それが政府の経済政策の基本方針と整合的なものとなるよう、常に政府と連絡を密にし、十分な意思疎通を図らなければならない。

という訳で日銀法は日銀に自主性が必要だとも言っているし、
そのくせに政府ともいい関係でいましょうや的なことを謳っているわけです。
ある種の矛盾を抱えているような感じですな。
という訳で日銀の自主性だ云々には賛成しかねるわけです。

ちょっと法学部っぽいこと言ってみました(笑)
政治 | コメント(0) | トラックバック(0)

なんだかな・・・

2007年06月07日
6日付けのSankei Webの記事で興味深い?ものを見つけました。

「さくらパパ」が出馬へ 民主が参院比例に擁立
 女子プロゴルファー横峯さくら選手の父親で、キャディーも務める横峯良郎氏(47)が、夏の参院選の比例代表に民主党から出馬することが5日、ほぼ固まった。民主党筋が明らかにした。横峯氏は小沢一郎代表との会談などを経て、早ければ11日にも正式に出馬表明する見通し。

 民主党は「さくらパパ」の愛称を持ち、テレビのバラエティー番組やラジオのコメンテーターなどとして活躍する横峯氏の高い知名度に注目。教育熱心としても知られる横峯氏を参院選の目玉候補に据える考えだ。

 横峯氏は娘をプロゴルファーに育てるため、鹿児島県鹿屋市に練習場を造り指導。現在は全寮制のゴルフスクールを開校している。



ははは・・・意味わかんない。

まぁ別にね立候補するのは勝手ですよ。
政治を良くしたいだとか、志しがあるのはご立派なことございますよ。

ただねぇ・・・
教育熱心
この言葉に大いに引っかかるんですよねぇ。

以前に大会でグリーン上だったかな?で喧嘩してましたやん。ここの父娘さん。
その音声みんなマイクが拾ってましたよね。
ましてや娘から「ハゲ!」「ウザイ!」ってテレビを通じて言われてますやん。
いい歳の娘がこの状態で父親が教育を語るのはいかがなものでしょうか。
まず自分の娘教育できてないんじゃないの?と。

もう1個言いたいんだけども、さくらパパCM出てましたよね?
某アートネ○チャーのカツラの進化版のCMに。
この人のCM料分の年収が減るっていうのは知ったこっちゃないけども、
あれは出馬するとなれば打ち切りですよね?選挙法に引っかかるはずですから。
だったら違約金とかが発生するんじゃないでしょうかね。
その辺も考えてこの人出馬表明したのかなぁ・・・。

で、民主党はまたもや有名人作戦ですかそうですか。
まっ自民党も同じことするでしょうからどっちもどっちですけど。

・・・民主党さん本気で勝つ気ありますか?
政治 | コメント(0) | トラックバック(0)

マジで怒っていいんじゃない?

2007年03月09日
適当極まりない河野談話と言うものが日本の国益を失わせている。

「『いわゆる』従軍慰安婦問題」(あくまでもいわゆるです。)
私は「従軍慰安婦」なんていう言葉を直接使いたくないんでね。
いつもは「戦時中職業売春婦」という感じに使ってます。
これじゃあ分かりにくいと思いますんで前者を使いますけども・・・。

私は「慰安婦(売春婦)」なるものは存在していたとは思いますよ。
実際に慰安所というのは存在していましたから。

当時の考えからすれば慰安所というのは別に悪というものではありません。
日本以外の国だって当時はこれに近いものが存在していたことでしょう。

・・・ただあくまでもどこかの反日が叫ぶような

強制連行は無かった

と言っているのです。

だかしかし、河野談話(神話)には官憲による強制連行があったとなってしまっている。
ろくに資料も調べず(まぁ強制を示すような資料が無いんだから調べ様も無いが)、
ただ単に『自称』慰安婦の婆さん共から「あったあった」という真実性が無い
証言だけで『強制連行』と決め付けてしまった。
・・・これがそもそもの原因。

いや・・・でもすごいよね。
証言だけで『当時』の日本があること無いこと認めちゃって謝罪するんだから(笑)

じゃあここで俺が「60年前祖父が韓国に行って路地裏で袋叩きにあった!」って騒げば
韓国政府は私の家族に対して謝罪してくれるのかなぁ。
「60年前祖父がアメリカ軍基地の近くを歩いていたらヘリで軍人から発砲された!」
って騒げばブッシュは私の家族対して謝罪してくれるのだろうか・・・。

答えは「否」だろう。
ふつーに「証言は真実性に欠ける」「証拠が無い」とでも言って、全くもって
誰もかけあってもくれないだろう。

さぁ私が書いた「嘘」2つと今回の問題よく似てませんか?

日本政府は「証拠は存在しない」と言っている。それが普通のことではないか。
現代社会で「証言」だけで疑惑が「存在した」となるなら、世の中一体どうなる。
・・・世界中の人間が皆犯罪者になってしまうんだろうねぇ。


アメリカの下院でマイク・ホンダという議員が「従軍慰安婦謝罪要求決議法案」
という反日韓国が喜ぶ事実誤認も甚だしい法案が提出された。
ましてやこれが今可決されそうな事態にまでなっている。
ちなみにこの法案なるものも「証言」+「河野談話」を根拠にしているそうです。
(まぁ一国家の議会で可決されても一主権国家に対しては何の強制性も生まれないが)

さらに調子に乗ったヤンキーはこんな新聞を出してきた。

天皇謝罪が最大の和解策=慰安婦めぐる論争で米紙

【ロサンゼルス7日時事】米紙ロサンゼルス・タイムズは7日付社説で、従軍慰安婦問題をめぐる安倍晋三首相の発言に絡み、「天皇家の名で行われた(戦争)犯罪を、天皇陛下がより力を込めて謝罪することで(アジア諸国との和解に向け)一歩前進できる」と提言した。

 同紙はこの中で「日本人と(アジアの)隣人が過去を和解する上で、最大の貢献を果たせるのは戦時の天皇だった昭和天皇の子である天皇陛下だ」と指摘。また、安倍氏は中国や韓国との関係改善を目指し首相に就任したにもかかわらず、「歴史修正を試みる右翼に迎合し、関係を損なってしまった」と論評した。 
(3月8日付 時事通信社より引用)


今上天皇が謝罪しろと?まーた何を妄言吐いているんだか。
これでアメリカは日本のことを全く分かってないって事がわかりました。
はいどうもありがとうございました。

おーいこのまま放っておいていいのか日本政府よ。
「広義」だとか「狭義」だとか言っている場合じゃないのか安倍ちゃんよ。
このまま進んでしまえば日本の国益はがた落ちになるかもしれんぞ。
砂が虚構を大量に含んで、悪質な泥になって降りかかってくるぞ。
それでいいのか安倍ちゃんよ。主張する外交じゃないのか安倍ちゃんよ。
河野談話に対して否定的だったのは安倍ちゃんアンタだぞ。
もしくは徹底無視の構えなのか安倍ちゃんよ。


「謝罪だ」「賠償だ」なんてもう聞き飽きた。
頼むからいろんな歴史的背景なんかを見直してから発言してくれ。
日韓基本条約とかちゃんと知ってて発言してるのか?
・・・まぁそれができていれば元からこんなことにはならないでしょうけど。

つーかさぁ議会でこんなこと提出するってことはさ、日本がアメリカに対して
広島・長崎についての謝罪・賠償決議法案を出しても文句言わねーんだろうなぁ?
ベトナムがアメリカに対してベトナム戦争や枯葉剤に対する謝罪・賠償決議法案を
出しても絶対に文句をいわないんだろうなぁ?
ベトナムが韓国に対してベトナム戦争時の韓国軍の悪行三昧に対しての同決議法案を
出しても絶対にぜぇーったいに文句言わなねーんだろうなぁ?

・・・まぁこんなことを言ったら低レベルなただの子供のけんかになる。

こんなことを問題視するより目先の環境問題とかをしっかり話し合えよ。

何が言いたいのか分からなくなってしまったのでこれで。

参考資料
Media Watch: 「従軍慰安婦」問題(上)
Media Watch: 「従軍慰安婦」問題(下)
日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約

↓面白資料
>>続きを読む・・・
政治 | コメント(2) | トラックバック(0)

安倍内閣発足

2006年09月30日
自民党総裁選が終わってはや10日あまり。
66%という(表向きには)他を圧倒した得票率で総裁に選ばれた安倍さん。
なんだかんだ言われながらも100票以上獲得した麻生さんと谷垣さん。
まぁこーんな結果になることは各マスコミの『煽り』のおかげで
とっくの昔にわかってたことですけどねぇ(苦笑)

とにかく安倍さんが新しい総理総裁になったんですから
私は素直に「頑張ってください」とエールを送る次第でございます。

まぁ言いたい事は山ほど・・・とまでは言いませんけども多少なりとも
訴えてらっしゃる政策に関してありますので今後小出しに小出しにして
ここにUPしていきたいと思います。

そしてその言いたいことの1つ。注目の組閣人事ですね。
まぁ・・・・・・なんだかなぁって印象でしたね(苦笑)
どうも仲良しこよしでいっしょにやろうぜみたいな感じが否めない。
そりゃあさぁ安倍さんを否定する人なんかと一緒にはやれないだろうけど
・・・あまりにも露骨だからねぇ(苦笑)

んでこの内閣に名前を付けるならば・・・


あまり期待が持て内閣

ジミー内閣

悪い意味で一癖ある内閣



って感じですかね。

①はまぁ選ばれた人が初入閣だから手腕が未知数だからということで。
②はそのまんま。パッとしないからねw
③は今回の人事で選ばれた方々に『黒ーい』ところがあるから。

さぁその『黒ーい』人事内容は以下の通りです。
(とあるブログの米欄から一部引用)
(赤字が黒いところがある、青字は私がちょっと・・・と思うところがあるという人)


総理  安倍晋三
総務  菅義偉    (丹羽古賀)
法務  長勢甚遠  (森)
外務  麻生太郎  (河野@2CH)
財務  尾身幸次  (森)
文科  伊吹文明  (伊吹)
厚労  柳沢伯夫  (丹羽古賀)
農水  松岡利勝  (伊吹)
経産  甘利明    (山崎)
国交  冬柴鉄三  (公明)
環境  若林正俊  (参議院森)
官房  塩崎恭久  (丹羽古賀)
防衛  久間章生  (津島)
公安  溝手顕正  (参議院丹羽古賀)
金融  山本有二  (高村)
経財  大田弘子  (民間)
行革  佐田玄一郎 (津島)
沖北  高市早苗  (森)

【官房副長官】
下村博文(森)  鈴木政二(参議院森)
【総理補佐官】
国家安全保障  小池百合子 (森)
拉致        中山恭子 (民間)
教育再生     山谷えり子(参議院森)
経済財政     根本匠   (丹羽古賀)
広報        世耕弘成 (参議院森)
官邸宴会部長   山本一太 (参議院森@冗談)
【党三役】
幹事長       中川秀直 (森)
政調会長     中川昭一 (伊吹)
総務会長     丹羽雄哉 (丹羽古賀)



え~では要注意人・・・もとい赤・青字人物をリストアップ!w

続きを読むからどうぞ。
>>続きを読む・・・
政治 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。