08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

現場の声

2008年03月27日

「チベットに自由ない」僧侶ら現地入り外国メディアに直訴

 チベット族による大規模暴動が起きた中国チベット自治区ラサで27日、中国政府に指名され現地入りしている外国メディアの取材団に対し、地元の僧侶グループが「チベットに自由はない」などと訴える直接行動に出た。

 取材団に加わっているAP通信が伝えた。

 中国当局の監視を破り、外国メディアにチベット族の考えを訴えようとしたようで、僧侶たちは「逮捕されるかもしれないが、それでも構わない」と話したという。

 AP通信によると、取材団は27日午前、ラサ中心部のチベット仏教寺院ジョカン寺(大昭寺)を訪問。そこで30人前後の若い僧侶が現れ、事前に当局が設定していた取材を遮った。

 僧侶のうちの1人は「チベットに自由はない」と大声で叫び、泣き始めた。また、別の僧侶は、中国政府が暴動の黒幕と非難するチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世について、「中国当局は我々に対し、ダライ・ラマを非難するように要求するが、それは間違っている。暴動と全く関係ない」と訴えた。 【読売新聞より引用】

やっと本当の声が出てきたという感じかなと。
基本的に中国共産党発表なんて始めっから信用なんてしてませんからね。

中国は未だに弾圧で何とかなるって思い込んでいますからね。
抑えきってこれで大丈夫と思って他国メディアに開放してこのありさま。
この情報がネット含め世界を駆け回ったということは面白いことです。

ネット規制しているからっていってもあの膨大なネット情報を完全に規制できるとは
到底思えませんからいずれ中国国内にも情報が漏れるのは時間の問題かなぁ。
そうなった時に中国がどうなるのかが非常に楽しみですね。

個人的にこの問題は民族弾圧だし、見方によってはジェノサイドのような中国の政策。
新疆ウイグルにも同じことしていますからね。
まぁ一応チベットは中国国内となってしまっているので内政干渉かもしれません。
でも、貴様らずーーーーーーーっと日本に対して内政干渉しまくりだろうが!
どの口が内政干渉だってほざくんだ。調子に乗るのもたいがいにせい!

まぁ北京オリンピックが最悪のオリンピックって言われるようになれば面白いのにね。
てかそうならないと中国の態度云々は変わらないと思いますからね。

・・・そういえばオリンピックってスポーツの祭典と同時に平和の祭典ですよね?
なんでこの国でオリンピックやろうとなったんだか・・・。
IOCは責任取った方がいいんじゃないの?し思う今日この頃でした。

駄文でスイマセン。言葉って難しい。
スポンサーサイト
異国 | コメント(0) | トラックバック(0)

投機する阿呆に油作る阿呆

2008年02月15日
小麦の価格が30%の値上げだそうだ。
異国 | コメント(0) | トラックバック(0)

決議採択

2006年10月16日
北朝鮮という世界で一番孤立している国(?)の核実験実施の発表を受け、
国連安保理は核・ミサイルなど大量破壊兵器、その関連資源の移転禁止、関連する
船舶検査や、金融制裁などを盛り込んだ対北朝鮮決議案を全会一致で採択しました。

とまぁこんな感じで、多少の譲歩はありつつも強い決議が出来たことは
安保理でもひさびさだったんじゃないでしょうか。

この決議案で面白いところは、核・ミサイル関連物資の禁止と並列して、
北の将軍さまが大だ~い好きな所謂『ぜいたく品』の輸出も禁止する
ということが盛り込まれたところ。

大好きなヘネシーやメロンが食べられなくなるでしょうねぇ。
糖尿も多少ましになるんじゃないかな?(笑)


まぁ冗談はさておき・・・

たまたま安保理の議長国が日本に廻ってきていた時に起こった核実験。
偶然と言うものは存在するものですな。
(脅威ということを認識できる国の中では)一番敏感に反応する日本という国の
主導で事が運び、さらに全会一致で決議が採択されたことは日本にとってかなーり
大きなことです。

ましてや国連憲章第7章にも言及したということでさらにあっぱれ。
まぁ42条は盛り込まれてないやないかというのは置いておきましょう。
41条の経済制裁に及ぶことができるだけで大きいことですから。
42条に関しては時と場合によっては追加されることもあるでしょうからね。

ただ・・・

議長国ということもありここまで率先してきたこの決議ですが・・・。
今の日本という国がこれを履行できるのか?と言うのが疑問。

「さぁみなさんやりますよ」となったときに「いや私はちょっと」・・・
なんていってられない立場ですよ。

まーた国際社会から冷たく白ーい目で見られることは必至です。

こうならないためにも、

いったいどうやって決議を履行していくのか?
現行法の中ではどれだけ可能なのか?
特措法をどのようにまとめるのか?

と考えることはまだ②あります。


主張する外交と言うものを唱えている安部さんですから
私みたいな小童が懸念などを表明することでもないんですが、
ここまでがんばって国連をうまいこと主導してきたわけですから
みすみす不意にしないことを祈るばかりです。


緋色

・・・全然まとまってない駄文でスイマセンでした。
異国 | コメント(0) | トラックバック(0)

待つものは・・・破滅のみ

2006年10月10日
ついに北の(自称)大将軍様が核実験をなさったそうだ。
開けてはいけないドアを開けてしまった。パンドラの箱をと言った方がいいかな。

ただまだ日本政府は事実関係を確認できていない。
そりゃただでさえ情報が他国経由ですからねぇ・・・日本の偵察衛星は
何をしてるんだと言いたくもなりますが。
あと普通は出してくる自慰行為的な核実験成功のビデオを北が流しませんからねぇ。
まさか・・・失敗?・・・可能性は無きにしも非ず。
異国 | コメント(0) | トラックバック(0)

うるさい隣人

2006年08月16日
頑固オヤジの親米派小泉純一郎がちゃーんと正面から靖国に参拝されました。

「公約は守る!」「公約は守るんだぁ!」と言ってね。
・・・別に国民に向けた公約じゃなくて自民党内だけでの公約だろうというのは
分かっていてもあえて言わない方向で(苦笑)
・・・・・・昔は「公約なんて守らなくていい」とか言ってたような気が(爆死)

まぁそんなことはまた別の機会といたしまして。

この靖国問題と言うのは根が深くてややっこしいことでございます。
今までの政府や政治屋が曖昧に有耶無耶にしてきてそれで上手くいってたんです。
もろちんそれに関しては外の国々も暗黙の了解チックにしてたわけです。

それなのにいつの日かに国内問題が外交問題に発展してしまってた。
全く持って外交問題にはなりえないことなのに。
その時々の各国の政治状況によって曖昧にできていたものが、
曖昧に出来ない問題にまで発展させられてしまった。

これはこれで歓迎すべきことでしょう。
自分たちで一からしっかりと検証しなおす機会があたえられたことなんですから。
今からは思いっきり日本の国内で議論をしていくべきでしょう。もちろん

他の国から茶々入れられる問題では
絶対にありません!


さらにこれを自民党総裁選の焦点にしてもいけないですね。
郵政の時の二の舞になりかねませんから。
・・・もちろん総裁選と衆院選とでは意味合いが異なりますけどね。
別に一般有権者が総裁選に投票に行くわけじゃあないですから。


はい前置きが長くなってしまいましたが、もう日本国内でやるべき議論を
ここでするつもりはないです。
いろんなところでもされてますから、あえてここでやる必要は無いでしょう。

なので、任期ギリまでをいろ②エンジョイしている小泉総理の参拝について
特定アジア三(二)国対応について文句言いたいと思います。
※(二)国とは北を含めない中韓のことである。


さて、上で述べた通り中韓に対していろ②言うんですが、小泉語録におもろい
のがあったのとマスコミと幾人かの政治家に対して気になることがあるので、
先にそっちを書かせて頂きます。

まず小泉語録から。

「私はブッシュ大統領に『参拝するな』と言われようとも私は参拝しました。
まぁ最も、ブッシュ大統領がそんな大人気ないことは言いませんけどね。」

これを聞いてテレビの前で爆笑しましたわ。

「そんな大人気ないこと・・・」

総理が云うところのそんな大人気ないことを言っている国がありますねぇ。
暗に・・・というかほぼ直接的に中国と韓国を批判してますわ。
いやホンマオモロかったですわ(笑)


さて次は、マスコミと幾人かの政治家に対して・・・揚げ足取りと思われそうだけど。

よく、「アジア外交の危機だ!」なーんて言う人が多いですわなぁ。
・・・中国と韓国(と北朝鮮)ぐらいしかほとんど反発していないというのに、
どうして「アジア外交の危機」という風になるのだろうか?

中国と韓国に対しては危機・・・というか摩擦が起こっているのは確かに事実。
でも、東南アジアや中東アジアに「外交の危機」があるのだろうか?
「アジア外交の危機」というのならば、アジア全体の危機と読み取れてしまう
のだが・・・そういうことにならないのかい?

言うなら「特定アジア外交に対する危機」という風にでもしてほしい。

まぁもっとも、どの日本人もこれを中国と韓国との問題なんやなぁと
ちゃんと読み替えてるはずなんで、さほど問題は無いんですけども。

マスコミなら変に誇張せずにちゃんと書いてほしいなぁというのが私の願いです。
前にあった富田メモも然りです。

以上軽い揚げ足取りでした(苦笑)
>>続きを読む・・・
異国 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。