09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

136回天皇賞(秋)結果

2007年10月30日
秋の天皇賞。一部分を除いてはいいレースだったと思います。
・・・まぁその一部分がでかすぎるとは思いますが(苦笑)

で、懸念されていた馬場状態は急速に回復してのやや重でした。
勝ちタイムも1分58秒4ですから、かなり馬場が回復してたことを示してますね。
レコードと0.4秒差ですからね。

そして優勝したのはメイショウサムソン-○
え~もう言うことが無いでしょう。完璧なレースだったと思います。
好スタートを切り、行きたがる馬たちを行かせて4、5番手に控える形。
コーナーも内をロスなく進み最後の直線。
ユタカJは内から少し外目の馬場のいいところのギリギリの位置を通り
坂を登りきった後はもう独走態勢。
いつもは他馬と競って根性を見せて僅差で勝つサムソンでしたが、
今日は打って変わって馬が来なくても突き抜けました。着差も2馬身半。

いやはやサムソンがあれほどいい脚を使えるとは正直思っていませんでした。
もちろんユタカJの好騎乗も光っていたと思います。
これで天皇賞通算10勝ですか・・・そして2999勝目。すごいですね。
ホントにこのコンビで凱旋門賞行ってたら勝ってたんじゃないかとも思えますよ。
次はJCですね。この走りができればJCも間違いなくV争いでしょう。

2着・・・アグネスアーク-無
馬体減ってませんでしたから買いでしたね・・・河内さんごめんなさい(笑)
う~んこの馬は頑張りますねぇ。脚にボルトが入っているって言うのに。
まして不利を受けての2着ですからね。ムーン言い訳できないね(苦笑)
間違いなく重賞取れますよ。調子、相手次第ではGⅠも夢じゃないと思います。

3着・・・カンパニー-無
まさかですね(苦笑) 関屋記念を軽視してました。
バルクに前をカットされたのに、最後まで良く伸びてきてましたよ。
・・・ただ、福永Jは検量室で五十嵐騎手に対して(非公式にかな)言ったことを
記事にされて少々問題になっていますがね。
こんな記事・・・

『コスモバルクは毎回、毎回やっている。五十嵐さんはG1に乗る騎手じゃない。(ローカルの)福島にでも行っていればいい。勘弁してくれ』とまくし立てた。五十嵐は『毎回のことだから考えていかないと…。これからどうしていくか、僕自身の課題』と神妙な顔つき。

まぁ気持ちはわからんでもないですが、言う内容がちょいと悪いですね。
福島に行けばいいって福島に行ってるジョッキーに対して失礼かなと。
まぁ興奮状態だったから言ってしまった発言だとは思いますが・・・。

4着・・・ポップロック-▲
スタートで出遅れてしまったのが全てだと思います。
最後は馬群を割っての上がり34.4と2番目のタイムでしたからね。
でもやっぱりこの馬にとっちゃ2000mは短い感じでしたね。
次のJC、有馬記念での巻き返しに期待です。

5着・・・コスモバルク-無
なんだかんだでちゃっかり掲示板に載っているコスモバルクです(笑)
まぁ想像どおりにハナを切ってまずまずのいい感じだったと思われます。
で、最後の直線でいつものように外側に斜行しユーイチJの怒りを買い、さらには
横にいたエイシンデピュティが斜行にビックリしてさらに外によれちゃて
さらにその外にいた馬たちにぶつかる玉突き事故の原因になってしまいました。
当の五十嵐Jは戒告処分。まぁ処分食らっただけましかな。

でその他の馬は・・・
6着・・・アドマイヤムーン-◎
9着(10着)・・・ダイワメジャー(9着以下の馬は降着によって繰り上げ)-△
まぁ2頭とも不利がすべてでしょう。
あの玉突き事故をまともに食らってしまっては難しかったですね。
ただ、不利を受けたアグネスアークが2着に来てしまっているので
なんだかなぁとは思いますが。
もちろん不利がなかったとしてもサムソン交わして1着だったかといえば・・・
ちょっと難しかったと思いますね。
良くて2着までだったでしょう。ただ着差は縮まっていたと思いますが。

10着・・・ブライトトゥモロー-△
13着・・・シャドウゲイト-×
え~何の感想もございません(笑)

以上です。

個人的にはNHKの方のテレビ中継を見ていましたが、最後の直線は
いけ!いけ!そのままいけ!ユタカいけ~!と叫んでいました(苦笑)
おとんには一体何事やと言われました(さらに苦笑)

そういやNHKの中継を見ていたからバルクの斜行とデピュティの斜行が
よーくわかったんですよね。
ビデオに撮っていたフジの中継は肝心の所で内ラチ沿いの馬のアップになって
しまってて全く分かりませんでしたからね。
頼むよフジさんよと思ってしまいました(笑)

まぁ後味がちょっと悪い天皇賞になっちゃいましたね。
スポンサーサイト
競馬 | コメント(0) | トラックバック(0)

第136回天皇賞(秋)

2007年10月28日
そういえばなんですが、先週の菊花賞でこのブログの競馬予想の1周年でした。
いや別にただそれだけなんですがね。1年って早いんだなぁとしみじみ思いますよ。

では今日は秋の天皇賞です。前日の大雨で一体どうなることやら。

東京11R GⅠ 天皇賞(秋) 芝2000m

え~台風のおかげで昨日の馬場は最悪でしたね。
ダートなんてもうただの水溜りじゃないですか。水田ですよ(笑)
そして台風一過の今日・・・。まぁやや重~重の間かな。良馬場はないでしょう。
つーことでローゼンクロイツは消しですね。ありがとうございます。

まぁ1頭ごとに見ていきたいのですが、ちょいと忙しいので印だけでも。
時間があったら個別に見ていきます。その場合は続きを読むに書きます。

◎アドマイヤムーン
○メイショウサムソン
▲ポップロック
△ダイワメジャー
△シャドウゲイト
×ブライトトゥモロー


まぁこんなとこかな。
2000mっていう距離ですから実績から考えてアドマイヤが◎なんでしょうけど
・・・どうもねぇ。
鞍上は東京では「?」。休み明けも気になるし、オーナーが変わったのも・・・。
一番ぶっ飛んでほしい馬なんですけどねぇ。
私がこういうときは来てしまうので本命にしました(笑) 逆転の発想です。

サムソンも休み明け。さらに馬場が荒れている最内。
こっちもなんか怖い。でもみんな内を避けるから上手いこと運べるかも。
ましてや重馬場も苦にしませんもんね。

ポップロックは上2頭と違って1度叩いているのが大きいかと。
距離はほぼ確実に短いですが、ペリエが帳消しにしてくれると踏んで▲。

ダイワメジャーは毎日王冠が・・・。流れが向かなかったので度外視にすべきか否か。
あんなペースにまたなるようではコイツは来ないでしょうけどねぇ。
去年に比べりゃ今年は相手が強化されてますから連覇は厳しいんじゃないかと。
思い切って消しもありか。

シャドウゲイトは道悪の中山金杯がありますからね。抑えてやろうと。
ブライトトゥモローは・・・なんかノリで(笑)
無印ですがチョウサンはちょい気になってます。ただ前走の反動がね・・・。
馬場も緩いし・・・3着でいいですよ。来てくれるのなら。
今まで押してきたアグネスアークですがここではごめんなさいということで。
来たら・・・すいません。河内さんすいません。


↓JRAのキャンペーンの馬券(?)。ダブルチャンスなんだそうで。

サムソンの単勝ですね。当たるかな?
競馬 | コメント(0) | トラックバック(0)

第68回菊花賞結果

2007年10月23日
菊花賞はなかなか面白かったと思います。
最後の叩き合いは見ごたえがありました。

1着・・・アサクサキングス-◎
ダービー2着馬の意地を見せてもらったと言う感じでしょうか。
まぁダービーは牡馬最先着ですから見くびってはいけませんでしね。
これでダービーがフロックではないということになったと思います。
まぁ最後はヨレていましたけど、よく頑張ったと思います。

2着・・・アルナスライン-×
前走の京都大賞典3着は伊達じゃなかったということでしょう。
いやはやここまで来るとは正直予想外でしたね。
ホント惜しい2着でしたよ。最後の叩き合いは良かったです。
次も楽しみですね。

3着・・・ロックドゥカンブ-○
う~んもったいなかったかなぁ。ちょっと上品に行き過ぎたというか何と言うか。
上がりは最速の35.4ですから力の片鱗は見せたかと思います。
でも、この馬は力ありますね。改めてそう実感しました。
キンシャサノキセキとは同じ道をたどらなさそうです。

4着・・・エーシンダードマン-無
距離延長はやはりプラスだったようです。暮れのステイヤーズSも注目かな。

5着・・・ドリームジャーニー-△
追い込み馬だけあって最後方からの競馬。直線に賭ける展開。
4角からまくって直線に向き、伸びたが届かず。
最後は足が止まっちゃいましたね。やっぱり距離でしょう。
それでも5着ですから頑張ったと思いますよ。

そしてその他の馬は・・・まずは、

6着・・・ホクトスルタン-△
私は去年のアドマイヤメインのような大逃げをうつと思っていたんですが
外からジワッと先頭に立つという展開。この時点で私の中では消えました(苦笑)
でも、頑張って6着に踏みとどまっただけ良かったと思います。

7着・・・ローズプレステージ-穴
14番人気だったにしてはよく来た方でしょう。

8着・・・フサイチホウオー-×
結構いい感じだと思っていたんですが、直線伸びませんでしたね。
皐月では豪脚を発揮してハナハナの3着なのにダービー以降はねぇ・・・
なんだろうなぁ。また人気落ちると思うので狙ってみようかなと。
(追記・・・次走はJCダートだそうです。意外と大掛けするやもしれません)

16着・・・ヴィクトリー-▲
まぁあれだけ引っかかっても控えさせた結果でしょう。直線は全くでしたもんね。
う~んこの馬は皐月のような競馬が一番あっているような気がするんですよねぇ。
馬の気ままに逃げさせる。
無理に抑えつけたら「もう走らん!」っていうようなお馬さんだと私は感じますね。
素人の浅はかな考えでしょうか。
まぁまだ3歳ですから時間が経てば直るかもしれませんが。

というわけで結果でした。
久々の2頭軸の成功ですかね。まぁ勝ってないから意味ないんですけど(苦笑)

今週は秋の天皇賞です。
競馬 | コメント(0) | トラックバック(0)

菊花賞

2007年10月21日
京都11R GⅠ 菊花賞 芝3000m

牡馬クラシック3冠最終戦。第68回菊花賞。
2回の淀の坂越え、長距離3000mの先に待つものとは・・・。

というわけで、大混戦の3歳牡馬戦線です。
今年はダービー馬不在の菊花賞。
ダービー勝ったのが牝馬ウオッカですからね仕方ないと言っちゃ仕方ないんですが。
・・・下手したら秋華賞に出るよりもこっちに出てたほうが良かったりして(笑)
まぁメンツ的に何が勝ってもおかしくはないですけども・・・
こいつは来るなよって言う馬も数頭いらっしゃる18頭フルゲート。
ステイヤーが勝つのか切れ味勝負の馬が勝つのか。
あと長距離は騎手で買えって言いますしねぇ・・・そのどうしようかな。

さて久々に1頭ごと見ていきますかね。長くなりそうですが(苦笑)

ヒラボクロイヤル
一発は秘めているが軸には出来ない。幸四郎も秋華賞で燃え尽きたかも(笑)
ウエイクアイランド
いきなりこの相手では厳しい。
ブルーマーテル
同上。来たら泣くわ。
ロックドゥカンブ
無傷の4連勝は確かに評価できる。ただ私は遅生まれの馬にはいい印象がない。
距離も「?」で鞍上も不安。-2キロとはいえ過信は禁物か。
エーシンダードマン
厳しいとは思うが②③とは違って距離延長はプラス要因かな。
コートユーフォリア
こいつも厳しいね。距離も長いでしょう。
タスカータソルテ
ちょっとわからない1頭。京都新聞杯を勝ってはいるが。如何せん前走が・・・。
マンハッタンスカイ
血統的には魅力を感じる。しかしそれだけ。
サンツェッペリン
掲示板に載っても不思議ではない。
人気もないし美味しいがどうも買いにくい印象がある。
アサクサキングス
前走は負けて強し。距離も問題はなさそうでダービー2着の意地を見せるか。
フサイチホウオー
ダービーで圧倒的1番人気に押されながら惨敗。秋初戦どうかと思われ惨敗。
一変は考えがたいが大多数に見捨てられた今が狙い目か。でも勝たないでね。
アルナスライン
京都大賞典のインティライミ・ポップロックの3着は評価できるが・・・。
反動が心配です。
ローズプレステージ
なんともいえない。そこそこまでは来そうだが掲示板までは無理かな。
デュオトーン
不気味な上がり馬。なんかやらかしても不思議ではない。
ベイリングボーイ
3000は長いでしょう。
ドリームジャーニー
ここ何年かはスタミナを問われるよりも切れ味が問われる傾向があるので
小柄とはいえ展開次第では一発は十分ありうる。秋華賞のようになれば厳しい。
ホクトスルタン
血統的な魅力。が力は「?」。あんまり人気しないかと思ったが意外と人気。
鞍上人気が大分あるんでしょうなぁ。
ヴィクトリー
皐月賞と菊花賞は連動するとはよく言うものだがどーなんかなぁ。
皐月のように気ままに行かせたら面白いとは思うが、多分控えるよね。
まぁ折り合い次第。

あー長かった。まぁそれぞれの馬に一長一短がありますわね。
では印。

◎アサクサキングス
○ロックドゥカンブ
▲ヴィクトリー
△ドリームジャーニー
△ホクトスルタン
×フサイチホウオー
×アルナスライン
穴ローズプレステージ


こんなところです。
上位3頭すべて前々の馬にしてみました。
・・・自信なし!当たる気配なし!まっいつものこと。

最後の1冠をテレビで見届けたいと思います。

追記:どうもデュオトーンは微妙なんでローズプレステージを
穴評価にします。大穴かな(苦笑)
競馬 | コメント(0) | トラックバック(0)

10/14結果

2007年10月15日
秋華賞・・・面白かった半分、つまらなかった半分。

結果から言いますとダイワ-レイン-ウオッカの順。▲-○-△でしたね。
私のほかの印馬は・・・
◎ベッラレイア   -4着
△ローブデコルテ-10着
×ザレマ      -15着
×ラブカーナ   -5着
穴ホクレレ     -17着
ザレマがここまで負けるとは・・・まぁ5着~16着まではほぼ一団でしたので
そんなに差はないとは思ってはいるのですがね。川田Jとは相性合わんねぇ。

さて勝ったダイワは確かに強かった。てかアンカツJが良かったのもありますが。
1コーナーではヒシアスペンに競っていいぞ池添!って思っていましたが
アンカツJの好判断でバックストレッチからはヒシアスペンにハナを譲って
上手く2番手で折り合えた。これがすべてでしょう。
ここでダイワの勝ちが決まったも同然でしたね。ローズSの二の舞です。
ラップが12.3-10.4-11.5-12.2-12.8-13.6-12.4-11.3-11.1-11.5。
1200m通過が13秒台。こんな息の入るペースなんですからね・・・。
そして上がり33秒台を使ってしまえば後続は届きませんよ。
さすがは先行有利の京都内回り2000mですね。
それでもあの競馬内容なら古馬と混じっても十分に通用するでしょう。

2着のレインダンスは幸四郎が上手くやった。
前走が100点の競馬だったと思うのでもう無理だなと思っていましたが
今回は120点の競馬をしましたね。よくがんばりましたよ。
ウオッカ・ベッラレイアより先着ですからね。・・・納得いかないけどさ(苦笑)

3着にウオッカ。
まぁ先着された馬とは1度叩いた差が出たのかなぁと。
このメンツでGⅠぶっつけではやっぱり厳しかったのかなぁ。
・・・でももうちょっと位置は前が良かったのでは?と思いますがね。
まぁ次に期待ですよ。JCかな。牡馬とやったほうがいいのかもね。

4着に私の本命ベッラレイア。
・・・仕方ないですね。勝つか負けるかの競馬をした結果です。
少々折り合いを欠いて後方に控えるしかなくなってしまい動くに動けなくなり
4コーナーでまだ最後方。これではさすがに届きませんね。
それでも上がり32.9の鬼脚を使って4着まで突っ込んでくるんですから凄いですよ。
ただこの騎乗について文句のある人も多そうですけどね。
・・・文句あるんだったらお前が乗れよと思ってしまいますが(苦笑)
次はエリザベスでしょうから今度こそダイワをぶち負かしてほしいものです。
外回り2200mならという希望があります。


さて、面白くなかった点ですが・・・
結局スローで流れてダイワに勝ってくださいという展開になったから。
なんでむざむざとこんなペースにするのが分からないですね。
まぁ確かに逃げ馬がスタートで躓いたということもあるんで仕方ないんですけど。
いろいろあるから競馬なんですよね。
しっかしヒシアスペンにはもうちょっと競っていて欲しかったなぁ。
結局ダイワは速い流れを経験せずに牝馬2冠達成。これでは次も本命を打てません。
もし速い流れになったら・・・と考えると・・・。あー怖いねぇ。
まぁ次のエリザベスを楽しみにしておきますよ。


府中牝馬ステークスは・・・もういいよね(爆) まぁ一応結果だけでも。
デアリング-アサヒ-アドマイヤ。△-◎-▲。
○-4着
△-8着
×-5着
×-10着
まぁ5着馬まで印つけられてるだけマシですかね。

デアリングハートは何年ぶりかの連覇達成。
あんまり情報が入ってこなかったんでデアちゃん怪しいなぁと思っていたのですが
なんのなんのアサヒライジングをしっかり交わしましたね。
ヴィクトリアマイルの3着馬を侮っていました。申し訳ない。

短いですが以上です(苦笑)

今週は牡馬クラシック最終戦菊花賞です。
大混戦の中勝つのはどの馬なんですかねぇ。楽しみです。
競馬 | コメント(0) | トラックバック(0)

秋華賞&府中牝馬S

2007年10月14日
京都11R Jpn(G)Ⅰ 秋華賞 芝2000m

秋の3歳女王決定戦!秋華賞!
さぁ牝馬3冠の最後の1冠を目指して淀の内回り2000mに精鋭18頭が集結。
史上稀に見るハイレベルの3歳牝馬世代の戦いに終止符を打つのはどの馬か。
・・・終止符は大げさですね(笑)
これからもしのぎを削ってほしいですね。

さて戦前から2強や3強と言われていますが・・・そうなってほしいですね。
なんか訳分からんのが外を強襲して差してきたらもう幻滅です。
いらんことすんなボケって絶対にテレビの前で言いますよ。3着ならいいんだけど。
え~個人的印象として2強と言われればその2強で決着するイメージがあるのですが
3強と言われるとどうも1頭は飛んでしまいそうなイメージがあるんですよね。
・・・これに期待したい。そして飛んでほしいのはダイワ。4着でお願いしたい。
まぁ無理なお願いでしょうが(苦笑)

では印。

◎ベッラレイア
○ウオッカ
▲ダイワスカーレット
△レインダンス
△ローブデコルテ
×ザレマ
×ラブカーナ
大穴ホクレレ


まぁ3強が上位評価です。それ以外の評価にする勇気は無いです(苦笑)

本命はベッラレイア。
過剰期待・評価だとか何を言われようがこの馬に勝って欲しい。ただそれだけ。
ローズSの半馬身差は十分逆転可能な距離。上がり33.2も秀逸。
坂の無い京都で差し切ってくれると信じます。距離延長も歓迎でしょう。
父のナリタトップロードは最後の最後で菊花賞を取ったんだから娘も続こうよ。
あと私的にこの世代には満遍なくGⅠを取ってほしいという思いもありますので
最後の1冠はベッラレイアでお願いします。

対抗はウオッカ。3番手はダイワスカーレット。
ウオッカは休み明けでぶっつけ本番とはいえ今年のダービーを勝った馬。
ましてや凱旋門賞に行こうとしていた馬。
そんな馬を桜花賞で負かしたのがダイワスカーレット。説明はもう不要ですよね。
ただ、ココは譲って頂いて次のエリザベスでどっちか勝ってくださいよ(笑)

さてそれ以下ですが、ローブデコルテはちょっと「?」。
鼻出血の1ヶ月出走停止がかなり引っかかる。悪い意味で怖い。
大穴はホクレレですね。無茶苦茶にするとすればコイツかなと。
印外ではミンティエアーかなぁ。まぁ来ないでほしいけど。
ピンクカメオはグッチャグチャの馬場になったら抑えるかな。頼むから来るなよ。

3頭で決着してほしい思いもあり1頭飛んでほしいという思いもあり・・・。
まぁ馬券的には3頭で決着したら甘味はゼロですけどね。まぁ楽しみにしています。

続いて

東京11R GⅢ 府中牝馬ステークス 芝1800m

秋華賞の陰に隠れて全く注目されてなさそうな府中牝馬S(苦笑)
それなりのお馬さんたちが出てきているのにねぇ。

◎アサヒライジング
○ディアデラノビア
▲アドマイヤキッス
△デアリングハート
△ロフティーエイム
×タイキマドレーム
×ヤマニンアラバスタ


まぁこんなもんかと。
もうめんどくさいんでというかやる気が出ないのでフォーカスは省略します。
注目しているのは×評価2頭ですね。
あとアサヒライジングが勝ってよかったねでいいんじゃないでしょうか。

以上です。
秋華賞どうなることやら。
競馬 | コメント(0) | トラックバック(0)

土曜結果

2007年10月13日
はい今日のデイリー2歳ステークスの結果です。
・・・ってお前今日予想UPしてないのに何が結果じゃいって感じですかね(苦笑)
土曜は授業とかぶってるので当日にUPが出来ない現状です。スイマセン。
まして今日はWINSに出向いて今日のデイリー2歳と明日の秋華賞の馬券を買って
いましたので余計に時間がなくて・・・。
少しでも時間があれば注目馬だけでもUPしたかったんですけどねぇ。

一応本命馬がキャプテントゥーレ。
注目馬がウイントリガー。夢がタケミカヅチでした。
というわけでこれ(↓)でした。
ワイド


秋華賞の残資金で単勝とワイドの2点ほど購入しました。
本当は3連単を買うつもりだったんですが、どうも私のチキンぶりが発揮されて
弱気な2点買いとなりました(苦笑)

一応キャプテントゥーレを頭固定で2、3着にタケミカヅチとウイントリガーを
入れて2点買おうと思っていたんですよね。
でも川田Jと私の相性が非常に悪いので3着あたりになると思って、
ウインの単勝とウインとトゥーレのワイドを買ったわけです。
・・・結果的に哀しきかな、見事に3連単的中していたという虚しさ。
まぁワイドが当たってただけ良しとしますけどね。
ホントに相性悪いなぁ。

この的中を明日にいかせればいいんですがねぇ。
以上土曜の個人的結果でした。
競馬 | コメント(0) | トラックバック(0)

凱旋門賞

2007年10月08日
ディープが挑戦し3位入線も薬物反応を示しての失格処分から1年。
・・・私は今でも一服盛られたのではないかと思ってます(笑)
まぁそんなことは置いといて・・・。
欧州最強「3歳」馬決定戦凱旋門賞が行われます。

今年はメイショウサムソンとウオッカが挑戦するとなって盛り上がっていましたが
前者はインフルエンザ、後者は軽い故障にあい回避を余儀なくされました。
2頭出しで面白いことになりそうだと思っていましたがいやはや残念ですね。
でも、無理して行くこともないですしね。無事が一番です。無事之名馬です。

馬 ゲ 馬   名 アルファベット 性 齢 重量 調教師 騎 手
① 4 ユームザイン YOUMZAIN 牡 4 59.5 M.シャノン R.ヒューズ
② 6 ディラントーマス DYLAN THOMAS 牡 4 59.5 A.オブライエン K.ファロン
③ 1 ドラゴンダンサー DRAGON DANCER 牡 4 59.5 G.ラグ D.ホランド
④ 2 サデックス SADDEX 牡 4 59.5 P.ラウ T.ムンドゥリー
⑤ 10 ゲッタウェイ GETAWAY 牡 4 59.5 A.ファーブル O.ペリエ
⑥ 3 マンデシャ MANDESHA 牝 4 58 A.ドゥロワイエデュプレ C.スミヨン
⑦ 8 ザンベジサン ZAMBEZI SUN 牡 3 56 P.バリー S.パスキエ
⑧ 7 ソングオブハイアワサ SONG OF HIAWATHA 牡 3 56 A.オブライエン D.マッケイブ
⑨ 9 イエローストーン YELLOWSTONE 牡 3 56 A.オブライエン P.スマレン
⑩ 5 ソルジャーオブフォーチュン SOLDIER OF FORTUNE 牡 3 56 A.オブライエン J.ムルタ
⑪ 11 サガラ SAGARA 牡 3 56 J.ピーズ T.ジレ
⑫ 12 オーソライズド AUTHORIZED 牡 3 56 P.チャプルハイアム L.デットーリ
(JRAから引用しました。)

ちょっと適当な感じの表ですがご了承を。
「オブライエン厩舎4頭出しかよ!」と突っ込みをいれたくなりますね。
さすがといえばさすがなんですが。

さて②「3歳」最強馬決定戦書いたのは、やっぱり3歳馬が有利だからですよ。
大きいのは斤量面。古馬牡馬は59.5キロに対して3歳牡馬は56キロと。
3.5キロも差があるのはでかすぎますよ。
単純に考えて3馬身半のハンデですからね。古馬には厳しい条件ですよ。

で、私の注目馬はやっぱりオーソライズドですね。
有利な3歳馬ですし、やっぱりちょっと抜けた存在だと思います。
だってすでにGⅠ3勝ですもんね。
デットーリもココは勝ちたいと思っているでしょうし。

で、まぁ人気通りでしょうが次はソルジャーオブフォーチュン。
愛ダービーを快勝した馬でしたよね?確か。
そして英ダービーでオーソライズドに破れた馬でしたよね?
世界の競馬には疎いものでうろ覚えですが(苦笑)
とにかく逆転の可能性は十分ありますね。
凱旋門で負かすのもまた格別かとw
・・・まぁスミヨンとパキスエが勝たなけりゃ何が勝ってもいいです(笑)

あとは日本でもおなじみのペリエも応援しときましょうかね。
え~ゲッタウェイという馬ですか・・・。
多分10倍越える穴馬の部類だと思うんで、まっ3着ならあるんじゃないかなぁ。

まぁ2時まで起きて観戦したいと思います。
あ~明日休みでよかった(笑)


え~結果ですけれども、私が「3歳」と強調したのが仇になった感じですね(苦笑)
3強の構図が崩れて荒れ気味の結果ですよ。

着 馬 ゲ 馬   名 性 齢 重量 調教師 騎 手 着差
1 ② 6 ディラントーマス 牡 4 59.5 A.オブライエン K.ファロン 2.28.5
2 ① 4 ユームザイン 牡 4 59.5 M.シャノン R.ヒューズ 頭
3 ⑪ 11 サガラ 牡 3 56 J.ピーズ T.ジレ 1 1/2
4 ⑤ 10 ゲッタウェイ 牡 4 59.5 A.ファーブル O.ペリエ 短頭

え~4着までの結果を載せました。
詳しい結果はhttp://jra.jp/news/200710/100801.html←ここへ。

え~ねぇ・・・ディラントーマスが古馬の貫禄を見せつけたっていう感じですかね。
今年はキングジョージを勝ちましたし愛チャンピオンSも連覇してましたしね
やっぱり安定感というものなんでしょうか。
その点がオーソライズドには足りなかったのかなぁ・・・。
10着と大敗ですよ。
と言っても下2頭は4頭出しのオブライエン厩舎がディランとソルジャーを
勝たせるためのペースメーカーの役割をしていた馬ですからね・・・。
2頭は最後の直線では競馬してませんでしたし、実質的にはしんがり負けかなと。
ペリエは頑張っての4着でした。頑張ったほうでしょう。
もうちょっとで交わせそうな勢いのように見えましたね。

さぁこの結果をうけて思うことですが、サムソンとウオッカがもし出ていたら
どれくらい頑張れていたかなぁということ。
私はサムソンは最後の叩き合いではいい勝負をしたんじゃないかなと思いますね。
まぁ4着とかなら可能性はあったんじゃないかなぁと。
ウオッカに関しては・・・正直微妙。重馬場でしたから伸びれたかどうか。

18年ぶりに3歳馬が連を外した今年の凱旋門賞。
来年は日本馬の挑戦があるのかどうか。さらには勝てるのかどうか。
これを楽しみにして来年を待ちたいと思います。
競馬 | コメント(0) | トラックバック(0)

毎日王冠&京都大賞典

2007年10月07日
土曜から東京と京都の2場開催になりました。
京都競馬場では東京競馬賞に次ぐでかいターフビジョンのお目見えです。
縦10.8m×横64mで2555インチだそうで。見てぇなぁ。
でも京都まで遠いし・・・阪神にも似たようなやつが出来ないものかな。

さて今日は秋のGⅠのステップレースの毎日王冠と京都大賞典です。
で、夜中には凱旋門賞の中継もありますね。・・・関西だけのようですが。
去年のディープはまだに鮮明に残ってますねぇ。まさか差されるとはと。
今年はサンソンだウオッカだと言っていたのに・・・インフルエンザ憎しです。

さぁまぁそれは一時置いといて中央競馬予想です。

東京11R GⅡ 毎日王冠 芝1800m

GⅠ4勝馬ダイワメジャーが連覇を狙って?の始動です。
「?」としたのはココを連覇すると言うよりも次の秋天の連覇の方が重要だと
陣営は考えるでしょうから目イチの仕上げではこないだろうということで
ちょっと「?」をつけさせていただきました。59キロのハンデもね・・・。
あとどれだけ馬体を戻せるかというのも鍵でしょう。宝塚は-16キロでしたからね。
まぁ力はこのメンバーの中では完全に1枚上ですよ。勝っても不思議ではないです。

◎ブライトトゥモロー
○ダイワメジャー
▲エイシンデピュティ
△コンゴウリキシオー
△カンファーベスト
×アグネスアーク
穴ヴリル


まぁこんな感じですかね。

ブライトトゥモローは朝日CCで2着になりましたが、
上がりは33.3でインティライミとトップタイでしたからね。
さほど差はない2着だったと思っています。位置取りの差でしょう。
ダイワの足元をすくえるのはこの馬のような気がしますね。

ダイワメジャーは評価下げの対抗印。59キロは仕方がないけど嫌ですね。
エイシンデピュティは鉄砲も問題ないですしね。意外と来るのではないかと。
コンゴウリキシオーは「?」。あまりいい事を聞いていませんので△。
リキシ=力士・・・角界は揺れていますからねぇ。こけそう(笑)
アグネスアークは札幌記念がありますからね。
まぁ無傷の4連勝ということをやってのけた馬ですから今回も警戒は必要。
フロック視は危険。

では続いて

京都11R GⅡ 京都大賞典 芝2400m

え~10頭しかいない京都大賞典。3連単も万馬券は出なさそうですね。
もうなんかポップロックの1点勝負でええやないかと思いますが一応印を。

◎ポップロック
○ファストタテヤマ
▲インティライミ
△トウショウナイト
穴アルナスライン


まぁポップロックには勝ってほしいという願いこみで本命。
ただユタカさん騎乗停止中だしなぁ・・・四位Jどうなんかなぁ。

対抗はファストタテヤマ
まぁラストランということもありますからねぇ。それなりに人気するでしょう。
相性のいい京都ですし、落馬で療養中だった幸四郎Jが復帰というのにも
なにやら縁を感じます。頑張って欲しいですね。
インティライミは私の中ではどーうも信頼度がイマイチ・・・。
今日勝つようなことがあったら信頼度は急上昇しますがねぇ。本格化するか?
ディープのダービー2着馬・・・さぁどうなる?
穴はアルナスライン。3歳で斤量も軽いから好走しないかなぁ。3着で。
デルタブルースはぶった切り。59キロはちょいきついでしょ。

以上です。


・・・なんかすんなりダイワに勝たれたら嫌だなぁ(苦笑)
と思いつつ毎日王冠を観戦したいと思います。

さっこれが終わったら夜中は凱旋門賞です。今年も古馬が蹴散らされるのかねぇ。
競馬 | コメント(0) | トラックバック(0)

日曜結果

2007年10月01日
え~では馬場が悪すぎた日曜の結果に参りましょうか。

秋GⅠ初戦スプリンターズステークス(JRAの結果なので映像が見れます)。
馬券的には◎-△-△とまずまずでかね。

私の大本命アストンマーチャンが逃げ切り勝ち。
もうスタート見た瞬間からあーもうこれは勝ったなとはおもいましたね。
始めのあのスピードが違いすぎましたよ。
最後の直線はもうほとんど止まった感じでしたが、押し切ったところに
この馬の強さを感じました。もちろん斤量差があったのも大きいですが。
てか桜花賞終わってからここを大目標にしてきましたから
勝って当然だったと言えば当然だったのかなと思いますけどね。
これからは海外のスプリントレースに出ても面白いと思います。
次は何処に照準を合わせるのか楽しみです。
そしてさすがは「逃げの中舘」という異名をもつ中舘Jです。
え~ヒシアマゾン以来となるGⅠ勝利ですか。おめでとうございます。

2着はサンアディユ・・・。
本物なんですかね。ここで2着に入られてはさすがに認めざるを得ないかなと。
まぁスムーズにレースを運べたのが大きいですよ。うん。
・・・あーもうどうなんかねぇ。次は相手にもよるけども熱い印うちますよ。
でも確かにこの馬は力がありますね。
3着にアイルラヴァゲイン。
時計のかかる馬場になりましたから3着は順当な結果かな。
叩き3走目ですからね。相性もいいコースですから。よく頑張ったでしょう。
4着にキングストレイル。5着にタマモホットプレイ。
ともに上がりは2位と1位。不良でよく頑張った方でしょう。
キングはもうちょっと内枠だったら結果は変わったと思います。
で、何故タマモが着たのか?
あの馬は晴れて良馬場やないと走らないはずなのに・・・。どんな心境の変化が・・・。

で、対抗に推したスズカフェニックスは伸びませんでしたね・・・。
上がりも36秒フラットじゃあ前には届きませんわね。
やっぱり調整不足だったのでしょうか。それともマイラーだからなのでしょうか。
ちょっと嫌な負け方ですね。
まぁ本番はマイルCSですから、そこでダイワを負かしてくれると信じたいですね。
プリサイスマシーンもちょっと距離が足りなかったのでしょうかね。
同じく上がり36秒フラットですからね。届きませんね。


さて今週は月曜が祝日のために土日月の3日間開催。
日曜は毎日王冠でGⅠ4勝馬ダイワメジャーが秋始動です。さぁどうなることやら。

そして残念なことに武豊Jが中山5R新馬戦で外側に斜行し4位降着となり、
4日間の騎乗停止処分と言うことです。
ただ3日間開催のおかげで14日の秋華賞は騎乗可能と言うことですから
ベッラレイアには問題はなさそうです。
でもリーディング争いの真っ只中での騎乗停止は痛いですねぇ。
たぶん今日で勝ち星はトップタイになったはずですからね・・・。
岩田Jも日曜まで停止中ですし、今週はアンカツJの独壇場かなぁ。
競馬 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。