05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

宝塚記念

2009年06月28日

第50回 宝塚記念 (GI)
芝・右 2200m サラ系3歳上 オープン (国際)(指定) 定量

枠番
馬番
馬  名
性齢
斤量
騎  手
1
1
マイネルキッツ
牡6
58.0
松岡 正海
2
2
インティライミ
牡7
58.0
佐藤 哲三
3
3
スマートギア
牡4
58.0
武  豊
4
アドマイヤフジ
牡4
58.0
川田 将雅
4
5
ヒラボクロイヤル
牡7
58.0
鮫島 良太
6
エリモエクスパイア
牡5
58.0
小牧 太
5
7
アルナスライン
牡5
58.0
蛯名 正義
8
サクラメガワンダー
牡6
58.0
福永 祐一
6
9
ドリームジャーニー
牡5
58.0
池添 謙一
10
スクリーンヒーロー
牡5
58.0
横山 典弘
7
11
ディープスカイ
牡4
58.0
四位 洋文
12
モンテクリスエス
牡4
58.0
安藤 勝己
8
13
コスモバルク
牡8
58.0
津村 明秀
14
カンパニー
牡8
58.0
岩田 康誠

上半期総決算のGI、グランプリ宝塚記念です。

今年は久々に晴天の良馬場で宝塚記念が行われそうですね。
どうもイメージ的には雨が降って重馬場でやるのが恒例って感じですから。
そりゃ梅雨時期にするから仕方ないことなんでしょうけど・・・。

日本版キングジョージ・・・梅雨時期、小回り、非根幹距離というこの辺の要素が
建前の日本版~にキズをつけてるような。
梅雨はしゃーないとして、新装阪神なんですから外回り2400mのGIにしませんか?
そのほうが個人的には面白いです。別に外回り2000mでもいいですから。
まぁその距離が取れるかどうかは微妙ですが。特に外回り2000mなんて。

さて人気を集める予定だったウオッカ嬢が回避。まぁお疲れでしょうから。
そして一本かぶりになったディープスカイですが、週中に父アグネスタキオンが急逝。
・・・なにこのディープスカイが勝たにゃいかんだろという空気。
いや別にいいんですけどね・・・ただ、天邪鬼の血が騒いじゃってもう(苦笑)

まぁ印ですが・・・

◎ ドリームジャーニー
雨でも降れば完全に無視していたんですが、晴れてしまいましたからね。
追い込みしかできなかった頃と比べれば今は多少前につけて競馬が出来ますし、
今の前残り馬場でも対応できそう。
あとは大阪杯の再現VTRになれば・・・ただあの時の斤量差があっただけにですが・・・。
でも朝日杯以来のGIを勝つならここしかないです。秋以降は無視かな(苦笑)

○ ディープスカイ
2着続きでそろそろ負けられない勝たなければといったところでしょうね。
まぁ凱旋門賞なんかにこだわらなければいい成績なんですけどね。
彼が行くよりもロジユニヴァースあたりが行く方が面白いと思うのですが・・・。
その2着続き・・・つまり異世代間で勝利が無いのはまた事実。
強いけども世代を超えると・・・という感じを勝手に抱いていますので、
ここもまた2着だったりしてという対抗。
あと小回りよりも直線が長いほうがいいとも思いますから。

▲ アルナスライン
天皇賞はマイネルキッツのフロック(とあえて言います)にやられての2着。
また落鉄もしていたんですから尚更悔やまれる2着。
いくらダービーを牝馬に取られた世代とはいえ春天2着するんですから力はある。
あとは2200mという距離への対応。イメージとしては2400は欲しいのかなとも思いますが。

△ インティライミ
いつ走るか分からないので困ったもの。一応ディープインパクトのダービー2着ですね。
去年もあわやの3着。ただ良馬場というのがどうも・・・。
展開利を生かせれば。

× サクラメガワンダー
まぁ金鯱賞を勝ったんだからそれなりの評価を。
ただ、GIを勝つというイメージにはどうもならないんですよねぇ・・・。

穴 スマートギア
末脚だけならドリームジャーニーには負けないと思っていますので。
まぁ重賞未勝利ですからあくまで穴。ひそかにというところで。

というところです。
天皇賞馬マイネルキッツは前走フロックだと思っていますので迷わず消し。
JC馬スクリーンヒーローはデムーロマジックのおかげだと思っているので消し。
アドマイヤフジはインティライミと最後までどちらにしようか迷いましたが、
買うといつも来ないイメージなのでまぁ消しておこうと。だから来るかもしれません(笑)

今日は以上です。
GIは9月までお休みですが、夏競馬もそれなりに頑張りたいと思います。
スポンサーサイト
競馬 | コメント(2) | トラックバック(0)

マーメイドステークス

2009年06月21日
阪神10R GIII マーメイドステークス 芝2000m

いや~梅雨ですね。ついに梅雨ですね。蒸し蒸しジメジメ嫌~な季節ですよ。
つい最近までは晴れた日が続いていてホンマに梅雨かいなという日々でしたが、
土曜日午後から梅雨っぽい天気になってきました。
今でこそ雨は降っていませんが、それでも蒸し暑~い天気。
ホント水がめの地にだけ雨が降ってそれ以外の地域はそこそこ過ごしやすい天気に
なってくれませんかねぇ(苦笑)

さてそんな人間でもげんなりする梅雨。馬にとっても関係あるんでしゃないでしょうか。
(唐突だなぁ)

マーメイドSはハンデ戦になってからというものの軽ハンデ馬の好走が著しいです。
この暑い中で重いハンデを背負って走るのは辛いんでしょうかね。
また梅雨ですから、雨も降って馬場が悪くなることが多いのでその点も影響しているん
だと思います。ということで今年も軽ハンデ馬を狙ってみたいと思います。

あとこのレース関東馬が不振です。まぁ西高東低の冬型気圧配置は
今に始まったことじゃないですが、蒸し暑い時期に長距離輸送が辛いんでしょうかね。
よって関東馬も基本的には軽視の方向で・・・。

◎ ブーケフレグランス
○ ニシノブルームーン
▲ ベッラレイア
△ コスモブラチナ
× ムードインディゴ


まぁ半ば遊びです。本命が本命ですから(笑)

ブーケは言わずと知れた良血馬。人気先行で成績が追いついていませんでしたが、
そろそろ走ってもいい頃ではと。

ニシノ青月は連勝中の上がり馬。夏場は勢いに任せて・・・。

ベッラレイアは未完の大器・・・と呼ばれてどれだけ経ったでしょうか。
3歳時オークス2着、ローズSはダイスカの2着、秋華賞は絶望的位置から鬼脚4着。
去年もこのレースに出走したのはいいものの雨に泣かされ・・・。
今年は雨は降っていませんので自慢の脚を使える体制が整ったのでは。

コスモブラチナは逃げ切り期待。

ムードインディゴは岩田が跨っているので多少勝負ムードなのかなと。
友道-岩田ラインですから。友道-武豊だと個人的には減点材料ですね。

今週は以上です。

来週は春のグランプリ宝塚記念です!
競馬 | コメント(0) | トラックバック(0)

CBC賞&エプソムC

2009年06月14日
先週の安田記念の余韻がまだ残っています。
録画したドリーム競馬を一体何回見たことでしょうか(笑)
安田記念を見てそのあとにダービーの本場場入場からのビデオを見ています。
ダービーはロジが勝ったから菊はリーチが取ってほしいと思う今日この頃です。

と、GIに酔いしれまくっているわけですが、今週来週とGはIII戦。
なんか一気に現実に戻された感がありますね(苦笑)
どうも気乗りがしませんが(ヲィ) まぁ気楽に行きましょう。

今週は東京と中京でGIIIレースが組まれています。
一応西のレースであるCBCメインですが、個人的にはエプソムの方が面白そうですね。

中京10R GIII CBC賞 芝1200m

去年は後のスプリンターズS馬スリープレイナイトが勝ったレースです。
サタうま見るまで完全にこのこと忘れていました。そういえば・・・とい感じですね。
正直そんなに重要なレースではないと思っていたのでそれでですかね。
まぁサマースプリントシリーズの前哨戦という感じでしょうか。

◎ アーパンストリート
○ ソルジャーズソング
▲ モルトグランデ
△ メイショウキトリ
× コウユーキズナ


ハンデ戦ですし良くわかりませんが、こんな感じかなと。
あと印をつけた馬に特に理由はありません。
個人的に力を出し切れれば印馬は勝つ可能性があると思っていますから。
まぁ堅い決着は望めなさそうですから、いっそ3連単で10万馬券を狙うぐらいで
いいのかもしれませんね。わたしは無理ですが(苦笑)

続いて

東京11R GIII エプソムカップ 芝1800m

こっちのレースの方が面白そうですね。
まぁヒカルオオゾラが出走してくるからなんですが。
調教では抜群の時計ですし、昨年2着の雪辱を晴らして秋にはMCSをと思っています。
お前は厩舎の人間かっと思われそうな感じですね(苦笑)

◎ ヒカルオオゾラ
○ シンゲン
▲ キャプテンベガ
△ アーネストリー
× ダイシングロウ


ヒカルオオゾラは前走マイラーズCはスローに泣かされての6着。
それでもスローで折り合えたのは収穫では。かかりやすい性格が解消されたのかも。
それならば去年のように早め先頭に立たずじっくり追い出しが出来そう。

シンゲンは新潟大賞典の勝ち馬。エプソムCと相性がいいレースらしいです。
まぁ勝ち方が良かったですから本命にしてもいいのかもしれませんが、
やっぱりここも「前走レコード勝ちを疑え」という個人的格言を信じて対抗まで。
まぁ例外パターンに当てはまるような気もしますが・・・GIII→GIIIですからね。

今週は以上です。
競馬 | コメント(2) | トラックバック(0)

安田記念

2009年06月07日
第59回 安田記念 (GI)
芝・左 1600m サラ系3歳上 オープン (国際)(指定) 定量
枠番
馬番
馬  名
性齢
斤量
騎  手
1
1
スズカコーズウェイ
牡5
58.0
後藤 浩輝
2
スマイルジャック
牡4
58.0
岩田 康成
2
3
ウオッカ
牝5
56.0
武  豊
4
ファリダット
牡4
58.0
安藤 勝己
3
5
ホッカイカンティ
牡4
58.0
石橋 脩
6
ディープスカイ
牡4
58.0
四位 洋文
4
7
ライブコンサート
セ5
58.0
和田 竜二
8
アブソリュート
牡5
58.0
田中 勝春
5
9
カンパニー
牡8
58.0
横山 典弘
10
タマモサポート
牡6
58.0
津村 明秀
6
11
コンゴウリキシオー
牡7
58.0
戸崎 圭太
12
トウショウカレッジ
牡7
58.0
内田 博幸
7
13
スーパーホーネット
牡6
58.0
藤岡 祐介
14
マルカフェニックス
牡5
58.0
福永 祐一
15
リザーブカード
牡6
58.0
三浦 皇成
8
16
アルマダ
セ8
58.0
D.ホワイト
17
ローレルゲレイロ
牡5
58.0
藤田 伸二
18
サイトウィナー
セ6
58.0
B.プレブル


先週のダービーの余韻が覚めやらぬ中、今週は安田記念です。
第76代のダービー馬が誕生した翌週に昨年一昨年のダービー馬が対決するというのも
また運命なのでしょうか・・・。

目下の目玉はこのウオッカディープスカイの対決。
過去秋天ではウオッカが勝ち、JCではティープスカイが先着と1勝1敗。
ここでどっちが勝ち越すか。
というか東京マイルでウオッカにディスカが勝てるのかというところが注目かもしれません。

もはや言うまでもなく府中が庭のウオッカさん。さらにマイルの連対率は100%。
前走は18頭の併せ馬の東京競馬場での公開調教で7馬身先着。
追いきりも馬なり・・・というか手綱を引っ張るような手応えで終い11秒台・・・。
こんな馬が今回負けるとは・・・まぁ最悪連を外すとは到底思えないのですが・・・。

ただ問題があるとするなら馬場状態。先週田んぼ馬場でダービーがありましたし、
今週も金・土曜と雨が降ったりと馬場が荒れだしているのは事実。
VMのように内をついて出し抜けは決まらないんじゃないかなと。
外が伸びるようなら普通に負けるかもしれません。

◎ ウオッカ
まぁ心情的に勝ってほしい馬ですからね。
ただ、こう死角なしといわれる時ほど何か嫌~な感じがします。
あと個人的に大事にしている前走レコード勝ちを疑えということに該当しているので
楽勝はないんじゃないかなと。2、3着でも仕方ないよという気分でいいかと思います。

○ カンパニー
ウオッカが一番コワイのは、無欲の差し追い込み馬。
ちょうど去年の秋天ようなことをやれば怖い1頭。ほぼ最後から直線一気の競馬ですね。
鞍上のダービー勝利の勢いでもってこれるか。

▲ ディープスカイ
う~んどうなんでしょう・・・強いんでしょうけどね。あまり好きではないです。
お前の個人的心情なんてどうでもいいと思われるでしょうけども。
おそらくここよれも宝塚が大目標のはず。ここは9分の出来ではないかなと。
まぁ仮にもフランス遠征を計画している馬ですから無様な競馬はできないでしょうが。

△ スーパーホーネット
GII大将なのかなと。アイポッパータイプかなぁ。
あとどうも東京マイルはあわないような感じがします。秋の京都が一番だと思いますね。
個人的には休み明けのほうが走ると思いますし、何よりコンゴウリキシオーが出走する
レースでは勝ったことが無いのでこの程度でていいかなと。

× ファリダット


こんな感じでいいかなと。
安田記念は一番人気受難のレースですからウオッカで絶対とは言い切れないですね。
パドック次第でしょうが、前走並なら何とかですが、悪く見せるようではマイナスかなと。

香港馬はサタうまで海外競馬評論家の合田氏がイラナイと言っていたので消しです。
サイトウィナーに関してはフロックとまで言いましたからね(苦笑)
去年アルマダの激走を言い当てましたから今年も信用してみます。

今週は以上です。馬券は買わずにテレビで応援したいと思います。
競馬 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。