10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

なんかもう・・・

2009年11月30日
土曜は友人宅で麻雀をし、そこそこ快勝して気分がよかったです。
海底ツモとか偶然役が普通に出来てしまいましたからね。
ただまぁ役牌対々混一ドラ2はという大きい手は潰されましたが。
ちなみに牌を触るのはこの日が初めて。アプリなりではやっているんですけどね。

で、今日。それも日付が変わってすぐから。
なんでしょう・・・こう・・・モヤモヤというか、歯を噛み締めたくなるというか・・・。
人生思い通りに行かないことは百も承知しているつもりです。
ゲームじゃないから。リセットなんてないから。
自分が世界を創造しているわけではないから。

某マンガ(ラノベ)のキャラクターなら創造できるのでしょうが。

これはこれとそういうものだと割り切る精神が足りないようです。
純粋ではないようです。これは分かっていたことですが。

・・・あっ別に失恋とかしたわけじゃないですよ。

ただ、願っていたことが起こってもそれが自分が願ったことではないという
ジレンマを抱えてしまったという感じでしょうか。言葉にはしづらいです。
あくまでこれは1つのトリガーであって(それでもかなり大きなトリガーですが)
11/29という日にいろいろ起こりすぎてしまいました。

頭を冷やさないといけませんね。
スポンサーサイト
小言 | コメント(0) | トラックバック(0)

ジャパンカップ

2009年11月29日
まずは先週の回顧ですが・・・
ここの記事にいっしょくたに書くより記事分けろと言われそうですね(苦笑)
それはまた考えます。でもホント一言ですからね・・・一言記事でもいいかな。
で、まぁ8歳馬のカンパニーが勝ったわけですよ。
老いて尚強し。いいじゃないですか。ただ若いモンは何をやっとるかって感じですが。
ウオッカが来年も現役を続けるならマイルGIはまだ取れそうな感じだと思います。

さて今日は外国馬を交えて国内最強決定戦のジャパンカップです。

東京10R ジャパンカップ GI
芝・左 2400m サラ系3歳以上 オープン (国際)(指定) 定量
枠番
馬番
馬  名
性齢
斤量
騎  手
厩  舎
1
1
アサクサキングス
牝5
57.0
岩田 康誠
大久保 龍志
2
ネヴァブション
牡6
57.0
北村 宏司
伊藤 正徳
2
3
エアシェイディ
牡8
57.0
後藤 浩輝
伊藤 正徳
4
エイシンデピュティ
牡7
57.0
戸崎 圭太
野元 昭
3
5
ウオッカ
牝5
55.0
C.ルメール
角居 勝彦
6
レッドディザイア
牡3
53.0
四位 洋文
松永 幹夫
4
7
ジャストアズウェル
牡6
57.0
J.ルパルー
J.シェパード
8
マイネルキッツ
牡6
57.0
松岡 正海
国枝 栄
5
9
リーチザクラウン
牡3
55.0
武  豊
橋口 弘次郎
10
オウケンブルースリ
牡4
57.0
内田 博幸
音無 秀孝
6
11
マーシュサイド
牡6
57.0
J.カステリャーノ
N.ドライステール
12
シンティロ
牡4
57.0
G.モッセ
R.ハノン
7
13
ヤマニンキングリー
牡4
57.0
柴山 雄一
河内 洋
14
インテイライミ
牡7
57.0
C.スミヨン
佐々木 晶三
15
インターパテイション
セ7
57.0
D.コーエン
R.バーバラ
8
16
コンデュイット
牡4
57.0
R.ムーア
M.スタウト
17
コスモバルク
牡8
57.0
五十嵐 冬樹
田部 和則
18
スクリーンヒーロー
牡5
57.0
M.デムーロ
鹿戸 雄一

先週とは打って変わってGIらしーいGIだと思います(個人比)
ここに2頭ぐらい3歳GIホースが混じってくれればもっといいのになと思いますが。
ええ、ロジとブエナですよ。ともに東京2400mのGIホースですからね。
それでも日本馬だけでGI馬7頭ですから豪華ですよ。
いや~予想が難しい。でもこの難しさはうれしい難しさだと思います。

で、やはり予想する上で問題は外国馬の扱い。
今年はキングジョージを勝ってBCターフ連覇した馬コンデュイットが参戦してきます。
基本外国馬は日本の高速馬場に対応ではない場合が多いですからイラナイのかなと
思いますが、BCで割と早い時計で勝ったということでちよっと不気味です。ただ、
日本で種牡馬入りするのでお披露目程度のものなのかなとも勘ぐってしまいますが。

さて、JCはいつもより早い時間にスタートなので早速印です。

◎ コンデュイット
一応実績を評価したいと思います。
ただ鳴り物入り?でJC参戦した外国馬が結果を出したことを
私は知らないので不安ではあります。昔は外国馬に勝たれまくっていたレースですが。
ローテを不安視する声もありますが、過去この調教師はピルサドスキーで似たような
ローテでJCを勝利しているのでそこまで不安にならなくてもいいのかなと。
それでも厳しいローテーションであることは否定しませんが。

○ オウケンブルースリ
基本的に距離が伸びたほうがいいタイプでしょう。2000より2400という感じで。
天皇賞組で1番条件が好転する馬だと思います。
ただ、どうしても東京で好走するイメージが湧かないんですよね・・・。
京都とか新潟のイメージが頭から離れません。

▲ ウオッカ
いや本当は本命にしたいんですよ。でもまぁ一連のゴタゴタが・・・(苦笑)
あとまた調教で舌を出して走っていたのもちょっと気にかかるんですよね。
それでもウオッカの今秋最大目標はJCだと思っているので仕上げは完璧でしょう。
天皇賞で後ろに控えて競馬した効果が折り合い面ででると思うのですが・・・。
あとリーチが引っ張るなら秋天よりさらに折り合いはつくと思います。

△ スクリーンヒーロー
オウケン同様にJCで好転する馬だと思います。
前走はカンパニーには屈したもののウオッカの猛追を凌ぎきっての2着。
ぶっつけ本番でこの結果は上等でしょう。2走目でどう変わっているか。
天皇賞でいい思いをしたのでここで(個人的ですいません)

× リーチザクラウン
GI未勝利の3歳馬は過去2頭かな?連対しているので。
コスモバルクとドリームパスポート。ダービー2着ですからおさえても。
あとユタカの意地が見たいです。

穴 エアシェイディ
また8歳馬がきちゃったりして(苦笑)

とまぁ印は以上です。
気になるレッドディザイアがですが、どうも本調子じゃないような気がするので
消しました。ウオッカも3歳時に4着だったので同じようになるのでは・・・。

とこんな感じです。

JCがどんなレースになるのか非常に楽しみです。
来週はJCダートです。

追記(14:30)
ウオッカの馬体重が494キロとさらに馬体を絞ってきたので3番手に引き上げます。
490キロ前半ということで秋3走の中で1番いいと思います。
競馬 | コメント(0) | トラックバック(0)

マイルチャンピオンシップ

2009年11月22日
先週は軽い事故のようなエリザベス女王杯でした。
3角あたりでマズイなぁと思い、ゴール版を過ぎてあーぁやっちゃったと呟きました。
イングランディーレの春の天皇賞はこんな感じだったんでしょうか。
今回の収穫はブエナビスタが32秒台で最後突っ込んでくれることぐらい。
もう1つ挙げるなら外国馬のシャラナヤが意外と頑張ってくれたことかな。
まぁこんなレースが立て続けに起こらないことを祈るばかりです。
さて今日は今年最後の淀のGI、マイルチャンピオンシップです。

京都11R マイルチャンピオンシップ GI
芝・右・外 1600m サラ系3歳以上 オープン (国際)(指定) 定量

枠番
馬番
馬  名
性齢
斤量
騎  手
1
1
エヴァズリクエスト
牝4
55.0
A.ムンロ
2
トレノジュビリー
牡6
57.0
A.スボリッチ
2
3
マルカシェンク
牡6
57.0
柴山 雄一
4
カンパニー
牡8
57.0
横山 典弘
3
5
スマイルジャック
牡4
57.0
三浦 皇成
6
ファイングレイン
牡6
57.0
幸 英明
4
7
アブソリュート
牡5
57.0
田中 勝春
8
フィフスペトル
牡3
56.0
C.ルメール
5
9
キャプテントゥーレ
牡4
57.0
川田 将雅
10
スズカコーズウェイ
牡5
57.0
後藤 浩輝
6
11
ザレマ
牡5
57.0
内田 博幸
12
ヒカルオオゾラ
牡5
57.0
C.スミヨン
7
13
マイネルファルケ
牡4
57.0
和田 竜二
14
ストロングガルーダ
牡3
56.0
福永 祐一
15
サプレザ
牝4
57.0
O.ペリエ
8
16
サンカルロ
牡3
56.0
吉田 豊
17
ライブコンサート
セ5
57.0
岩田 康誠
18
サンダルフォン
牡6
57.0
四位 洋文

GIです・・・が、外国馬が参加しているGIIのように感じるのは気のせいでしょうか。
引退レースの天皇賞馬が参戦していますし、皐月賞馬に宮記念馬もいますが
なんだろうこの興味のなさは(苦笑)
まぁ今年春のマイル戦線を盛り上げたのはウオッカとディープスカイでしたからね。
2頭とも出ませんし、それだけ現状の日本のマイル戦線の層が薄いということでしょうか。
まっ嘆いても仕方ありませんし予想していきます。

さてこのレースは関東馬の成績のほうがいいように感じています。
ダイワメジャーが勝ったころの記憶が強いからかもしれませんが・・・。
あとはスワンS組が活躍したところを見たことが無いということでしょうか。
・・・言いすぎですかね。でも去年はスーパーホーネットが2着にきてますから。

ということを念頭に入れて予想を。

◎ サプレザ
カンパニーを普通に負かせる馬を探してみたんですが、
日本馬には見当たらないので外国馬に頼ってみようかなと。
久々にペリエJが乗りにきてますしそこそこ期待してみます。
まぁMCSで外国馬が頑張ったところを見たことが無いので不安でもありますが。

○ カンパニー
正直引退レースを勝利で飾った馬をディープインパクト以外に知らないので
この馬が勝つとは思えないんですが・・・それでもメンバーが手薄ですからね。
レース間隔も詰まっていますしどうもねぇ。秋天で激走しちゃいましたしね。
まぁ勝っても不思議じゃないですけど。

▲ スズカコーズウェイ
いやなんとなくです。このメンツなら上位に来てもいいのでは。

△ スマイルジャック
関東馬をやっと取り上げます。でもどうもこの世代の力は疑問ですが。

× マルカシェンク
ちょっと狙ってみた伏兵。意外と外から伸びてくるのでは。

と印は以上です。
あとはヒカルオオゾラがいますが何やらノドの調子が良くないらしいので評価下げ。
キャプテントゥーレはどうも長い直線を粘りこむイメージが湧かないので消し。
ザレマは勝たないでください。ファイングレインはいつ走るか分からない。
という感じですかね。

はい今週は以上です。
来週はジャパンカップです。
競馬 | コメント(2) | トラックバック(0)

エリザベス女王杯

2009年11月15日
先週はGIの中休みでしたが、今週から年末まで怒涛のGIラッシュです。
7週連続ですか・・・大井の東京大賞典も入れたら8連続GIですよね。
確かに楽しみなんですけど・・・少々しんどいような気も(苦笑)

先週のファンタジーSは大外一気にしてやられました。まさかタガノとは・・・です。
本命に推したラナンキュラスはグレナディーンのユタカさんに封じ込まれて4着。
まぁ仕方ないのかなと。タフな競馬を経験したことで次にどうなるかじゃないでしょうか。
と軽く先週の回顧をしまして、今週のエリザベス女王杯にいってみましょう。

京都11R エリザベス女王杯 GI
芝・右・外 2200m サラ系3歳以上 オープン (国際) 牝 (指定) 定量
枠番
馬番
馬  名
性齢
斤量
騎  手
1
1
ウェディングフジコ
牝5
56.0
菊沢 隆徳
2
メイショウベルーガ
牝4
56.0
池添 謙一
2
3
チェレブリタ
牝4
56.0
岩田 康誠
4
ジェルミナル
牝3
56.0
福永 祐一
3
5
リトルアマボーラ
牝4
56.0
C.スミヨン
6
ピエナビーナス
牝5
56.0
古川 吉洋
4
7
クィーンスプマンテ
牝5
56.0
田中 博康
8
カワカミプリンセス
牝6
56.0
横山 典弘
5
9
ブラボーデイジー
牝4
56.0
生野 賢一
10
シャラナヤ
牝3
56.0
C.ルメール
6
11
テイエムプリキュア
牝6
56.0
熊沢 重文
12
ブロードストリート
牝3
56.0
藤田 伸二
7
13
サンレイジャスパー
牝7
56.0
難波 剛健
14
ニシノブルームーン
牝5
56.0
北村 宏司
15
ミクロコスモス
牝3
56.0
武  豊
8
16
ブエナビスタ
牝3
56.0
安藤 勝己
17
ムードインディゴ
牝4
56.0
田中 勝春
18
レインダンス
牝5
56.0
藤岡 康太

過去は牝馬3冠レースとして位置づけられていましたが、
古馬に解放されて名目上牝馬No.1を決めるレースになってい・・・るはずです。
というのも競馬をご存知の方ならわかるように、秋華賞でブエナビスタの3冠を阻止した
レッドディザイアは疲労からかJCに向かいますし、天皇賞3着のウオッカもでませんので
果たして勝ったからといって牝馬No.1を名乗れるかは微妙なものがありますからね。

◎ シャラナヤ
はっきり言って外国馬はわかりません。私には情報がありません。
というわけでいろんなところから収集してみたところ意外とこの馬の評価が高いです。
オペラ賞は外から差し切り勝ちで、その3着馬がBCフィリー&メアターフを勝ったそうな。
そういう点でこの馬は凄いと思いますが、日本の芝に合うかどうか・・・コレ一番の問題。

○ ブエナビスタ
軽くウオッカの3歳時と被ります。凱旋門賞を取り消して秋華賞に臨んで3着敗退と
この辺が似てますね。これで当日エリ女取り消したらまさにといったところですが、
どうやらそんなことはなさそうです。
さて私はどうにもついていない、運が味方しないなという感じがこの馬にはします。
京都の外回りに変わることはまずプラスでしょうから、どれだけ気分よく走らせて
最後弾けられるかどうかだと思います。
勝てば年度代表馬争いにも有力になりますからね。

▲ リトルアマポーラ
いや~どうなんでしょう。
去年の勝ち馬ではありますが、あれはルメールマジックのような気もして・・・。
そりゃ今年はスミヨンマジックてなこともあるとは思いますが。
前走府中牝馬Sは先行した馬の中では最先着ということで頑張ったほうかと。
あとは一叩きした今回にどれだけ上積みがあるかどうか・・・。

△ カワカミプリンセス
3年前の降着から一気に運命が変わってしまった馬ですね。
頑張ってほしい馬ではありますが、さすがに厳しいと思います。
決め手が鋭い馬が多いのでそこを封じ込めるのは至難かと。
ノリさんが天皇賞を勝った勢いで持ってくるかもしれないですが・・・。

× ミクロコスモス
秋華賞の5着ですが、上がり最速はブエナではなくこの馬。
プロードストリートが不利があったというレースですが、この馬もブロードに
前をカット?されていたような気がするんですが・・・気のせいならスイマセン。
あれがなかったら普通に2着3着はあったと思うんですが・・・。
嵌れば一発の可能性はあります。ただ今回は外枠がイヤミですね。

穴 サンレイジャスパー
まさかの馬です。調教師さんのトーンが高かったらしいので。

印はここまでです。
あとはジェルミナルなんていますが、
どうもこの厩舎にはいつもだまされているような気がしてならないです(苦笑)
まぁ勝手な思い込みだとは思いますが。堅実タイプで古馬相手にどこまでやれるか。
外枠じゃないのはプラス材料だと思います。

秋華賞の繰り上げ2着のプロードストリート
ここよりも前走がメイチだと思ったので評価下げました。

府中牝馬Sを勝ったムードインディゴは岩田Jか福永Jだったら
気にしたのですが、勝春Jなので軽視しました。

とこういうところです。
では皆様頑張ってください。

来週はマイルチャンピオンシップです。
競馬 | コメント(2) | トラックバック(0)

ファンタジーS&AR共和国杯

2009年11月08日
先週は結構なまさか。8歳馬が秋天を勝つとは思いもよりませんでした。
もしウオッカが負けるなら過去に先着したことがある馬だろうと思っていたので、
ならばスクリーンヒーローかなぁと思い浮かべてましたが・・・カンパニーとは。
ちなみに今回のメンバーでウオッカに先着していたことがある馬は

アドマイヤフジ・・・一昨年の宝塚記念で。
コスモバルク・・・一昨年の有馬で。
マツリダゴッホ・・・同上。
スクリーンヒーロー・・・去年のJCで。
カンパニー・・・今年の毎日王冠で。

という5頭。バルクとマツリダはないと思ったので残り3頭に印を打っていたわけです。
(本当はAフジもないと思っていたのですが、鞍上がスミヨンでしたからね・・・)

まぁウオッカは次どうなるのか分かりませんが、JCに向かってほしいですね。

さて今日は京都では2歳重賞。東京ではJCを目指す馬が揃うAR共和国杯です。

京都11R ファンタジーステークス GIII
芝・右・外 1400m サラ系2歳 オープン (混合) 牝 (指定) 馬齢

前から何度も書いていると思いますが、2歳戦はわかりません。
普通に実力馬と言われる馬が勝つときもあるし、なんや知らない馬が新星として
現れることもありますから困ったものです。それが面白いといっちゃ面白いのですが。

◎ ラナンキュラス
いや~強いと思います。前走も強い勝ち方と思いましたし、新馬戦もね。
ここを勝って暮れのJFに向かいたいでしょうね。

○ ステラリード
忘れていましたが、函館2歳Sの勝ち馬だったんですね。
あれから休養に入っていたせいでか頭からすっ飛んでいました(苦笑)
休み明けということでどうなるか分かりませんが、重賞勝ちを評価して。

▲ ベストクルーズ
△ グレナディーン
× ユメノキラメキ


という感じですね。コメント少なくてスイマセン。

続きまして、

東京11R アルゼンチン共和国杯 GII
芝・左 2500m サラ系3歳以上 オープン (国際)(特指) ハンデ

去年はここを勝ったスクリーンヒーローがJCを制覇しました。
先週の秋天でも2着に入ったのでこの馬は東京が好きなんでしょうかね。
春はかなり調子を落としていたように思いましたが。

今年はここからまたJC好走馬が現れるんでしょうか。

◎ トウショウウェイヴ
○ ジャガーメイル
▲ サンライズマックス
△ トーセンキャプテン
× ハイアーゲーム


まぁこちらは適当に。
人気するであろうスマートギアは出走馬中で京都大賞典最先着馬ですが、
どうも京都の下り坂を最大限に利用した2着だと思っているので東京では?
と思い軽視しました。・・・ってこれ先週のオウケンにも言っていましたね(苦笑)

では今週は以上です。

来週はエリザベス女王杯です。そして来週から有馬まで連続してGIですよ。
競馬 | コメント(2) | トラックバック(0)

天皇賞(秋)

2009年11月01日
先週の菊花賞は個人的にはドキドキしたいいレースだったと思います。
逃げ馬を応援していて、かつ馬が最後の方まで粘ってくれると鼓動が高鳴ります。
で、馬券のほうは・・・DD産駒スリーロールスが勝つんじゃ仕方ないです。
個人的には同じDD産駒のデルタブルースが勝ったときのような感じですね。
ちょうどそのときの5着は橋口厩舎で武豊騎乗の皐月惨敗、ダービー2着馬でした。
後の海外GI馬ハーツクライです。
今年5着でハーツとダブるリーチザクラウンはこれからどうなるんでしょうね。楽しみです。

さて今日は秋の府中決戦、伝統の天皇賞(秋)です。

東京11R 天皇賞(秋) GI
芝・左 2000m サラ系3歳以上 オープン (国際)(指定) 定量
枠番
馬番
馬  名
性齢
斤量
騎  手
1
1
コスモバルク
牡8
58.0
松岡 正海
2
スクリーンヒーロー
牡5
58.0
北村 宏司
2
3
カンパニー
牡8
58.0
横山 典弘
4
アドマイヤフジ
牡7
58.0
C.スミヨン
3
5
ヤマニンキングリー
牡4
58.0
柴山 雄一
6
アサクサキングス
牡5
58.0
四位 洋文
4
7
ウオッカ
牝5
56.0
武  豊
8
キャプテントゥーレ
牡4
58.0
川田 将雅
5
9
サクラオリオン
牡7
58.0
秋山 真一郎
10
シンゲン
牡6
58.0
藤田 伸二
6
11
スマイルジャック
牡4
58.0
三浦 皇成
12
ドリームジャーニー
牡5
58.0
池添 謙一
7
13
マツリダゴッホ
牡6
58.0
蛯名 正義
14
サクラメガワンダー
牡6
58.0
福永 祐一
15
オウケンブルースリ
牝4
58.0
内田 博幸
8
16
ホッコーパドゥシャ
牡7
58.0
岩田 康誠
17
エイシンデピュティ
牡7
58.0
戸崎 圭太
18
エアシェイディ
牡8
58.0
後藤 浩輝

このレースの焦点はただ一つ・・・

ウオッカは連覇できるのか?

ということでしょう。
その答えは・・・わかりません(苦笑)
勝っても不思議じゃないし、負けてもそれはそれで不思議じゃないということです。

まぁ過去秋天連覇したのはシンボリクリスエスのただ1頭。
でもこれは中山開催だった時を含めての連覇ですから、
東京開催と縛りをかけて連覇した馬はまだ1頭もいません。
そのジンクスをウオッカが破ることができるのか・・・。
まぁ牝馬でダービー勝っている時点でジンクスもあったもんじゃないとも思いますが。

もし連覇が厳しいとなると、負かす馬がいるわけですが・・・見当たりません(苦笑)
というわけでウオッカが負けたらそれは事故だと思いたいと思います(ヲィ)

◎ ウオッカ
ホントは本命にしたくないです。だって私が本命にしたら負けそうな気がするので(笑)

正直この馬は秋天を9.5仕上げだと思っています。次のJCで10になるような感じで。
去年ならそれではダイスカに負けていたと思いますが、今年はあの馬みたいに強い
馬が見当たらないので9.5でも勝てる可能性はあると思います。
あとは展開次第。逃げたら格好の的。壁を作ってタメて弾けられれば。

▲ オウケンブルースリ
まぁ秋天は4歳馬の活躍が光りますからね。
京都大賞典を59キロ背負って勝ったわけですが・・・この勝ちをどう評価するか。
私はどうも京都の下り坂を活かした勝利だと思うんですよ。勢いつけてドーンという。
東京はねぇ・・・もちろん直線が長いのはもってこいなんですが。
ちなみに東京好きで知られる(?)ジャングルポケットの産駒は東京は東京でも
2000mよりも2400mの方に良積が集中しているらしいです。
どこで見た情報か忘れましたが。
あとは前走が結構メイチだと思うんですよね。
あれで勝たないと賞金が足らなくなって思うようにレースが使えなくなるようでしたから。

▲ ドリームジャーニー
この馬は小回りでコーナー4つ回る中距離が適している馬だと思います。
今回は距離以外真逆の条件になる東京2000mですから割引なのかなと。
あと、巷で言われている左回り云々ですが、得意ではないでしょうが
絶対に無理というわけではないと思うので、心配する必要はないかなと。

☆ シンゲン
この馬が本物かどうかはここで決まると思います。
ただ前走自分よりも斤量が思いドリジャニを捉えきれなかったのには不満ですね。
東京でなく中山だったのでその辺を考えればそんなものなのかもしれませんが。
鞍上藤田Jが去年のVMのようにまたウオッカ斬りを成し遂げるのか。

△ カンパニー
GII大将。それだけです。
毎日王冠からここを連勝した馬はダイワメジャーぐらいしかないのでその辺も割引?
あと前哨戦を鮮やかに勝った馬はえてして負けるもんだと負っていますので。

× スクリーンヒーロー
去年はルメールマジックだったのでしょうか・・・。
初ブリンカーでどうなるか。

穴 アドマイヤフジ
狙い目は薄いですが、鞍上大強化でどこまでやれるか。

ドリジャニ以降文章が適当になったのは一度書いた文章がクソオンボロPCの野郎が、
フリーズしてくれたおかげで全部消えてしまってイラッときてしまったためです。
FC2の自動保存機能も機能してないので余計にです。

さぁまぁこんなところなんですが。
ウオッカ本当にどうなるんでしょうかね。
勝ってくれればいいんですが、GI7勝の壁は厚いです。8勝はもっと厚いです。
シンボリルドルフの呪いとも言いましょうか(笑)

どこかの掲示板で見ましたが、ウオッカってオグリキャップなんじゃないかということ。
もちろん彼とは違い日本に一大ムーヴメントを起こしているわけじゃないですが、
ファンをハラハラさせるとか、惹きつける力は似ているんじゃないかなと。
まぁオグリの現役時代を生で見たことが無い奴が何を言うかと思われそうですが。
だからウオッカはこことJC負けて、もう終わったとか言われてオーナーも腹くくって
有馬ラストランを決めて当日3番人気ぐらいで走って最後はクビ差凌いで有終の美。
なーんてシナリオも無くは無いかなと。
いいドラマだと思いますよ。歴史は繰り返すということもつかえますしね。

まぁとにかくウオッカが勝つことを祈りつつテレビで観戦したいと思います。
競馬 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。