05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

決議採択

2006年10月16日
北朝鮮という世界で一番孤立している国(?)の核実験実施の発表を受け、
国連安保理は核・ミサイルなど大量破壊兵器、その関連資源の移転禁止、関連する
船舶検査や、金融制裁などを盛り込んだ対北朝鮮決議案を全会一致で採択しました。

とまぁこんな感じで、多少の譲歩はありつつも強い決議が出来たことは
安保理でもひさびさだったんじゃないでしょうか。

この決議案で面白いところは、核・ミサイル関連物資の禁止と並列して、
北の将軍さまが大だ~い好きな所謂『ぜいたく品』の輸出も禁止する
ということが盛り込まれたところ。

大好きなヘネシーやメロンが食べられなくなるでしょうねぇ。
糖尿も多少ましになるんじゃないかな?(笑)


まぁ冗談はさておき・・・

たまたま安保理の議長国が日本に廻ってきていた時に起こった核実験。
偶然と言うものは存在するものですな。
(脅威ということを認識できる国の中では)一番敏感に反応する日本という国の
主導で事が運び、さらに全会一致で決議が採択されたことは日本にとってかなーり
大きなことです。

ましてや国連憲章第7章にも言及したということでさらにあっぱれ。
まぁ42条は盛り込まれてないやないかというのは置いておきましょう。
41条の経済制裁に及ぶことができるだけで大きいことですから。
42条に関しては時と場合によっては追加されることもあるでしょうからね。

ただ・・・

議長国ということもありここまで率先してきたこの決議ですが・・・。
今の日本という国がこれを履行できるのか?と言うのが疑問。

「さぁみなさんやりますよ」となったときに「いや私はちょっと」・・・
なんていってられない立場ですよ。

まーた国際社会から冷たく白ーい目で見られることは必至です。

こうならないためにも、

いったいどうやって決議を履行していくのか?
現行法の中ではどれだけ可能なのか?
特措法をどのようにまとめるのか?

と考えることはまだ②あります。


主張する外交と言うものを唱えている安部さんですから
私みたいな小童が懸念などを表明することでもないんですが、
ここまでがんばって国連をうまいこと主導してきたわけですから
みすみす不意にしないことを祈るばかりです。


緋色

・・・全然まとまってない駄文でスイマセンでした。
スポンサーサイト
異国 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。