07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

開発者=悪なのか?

2006年12月14日
この頃は長い記事を書くのが辛く・・・というか時間がかかって②仕方がないので
敬遠して競馬ネタばっかりたんですが、今日は久々に書いてみたいと思います。

ウィニー裁判 元東大助手の金子被告に有罪判決
(Yahooニュースより)


まぁなんでやと言うと、上記ののウィニー裁判の判決に納得いかないわけです。
私には見せしめ逮捕→みせしめ起訴→みせしめ裁判への流れとしか思えませんね。

検察側の格好の餌食になってしまったのでしょうウィニーは。
なんてったって公権力を持ってる奴らが情報流失したからね。腹いせでしょ?
一部のバカが面白半分にウイルスを撒いて、自分の身分も考えずにウィニーを使って
感染して勝手に情報流失しただけだろうが!

はっきり言って警察・検察は著作権法でパクったというよりも、
「よくもこんなはた迷惑なソフト作ってくれたな!」「さらし首じゃ!」
ということでパクったんでしょう。あと検察的にはさらに、
「こいつをやってまえば、世論から注目されるぜ。がはははは」
っていうことも期待していたと思います。世論迎合的ですからね検察は。

さて、前置きが長くなりましたが、裁判の内容に戻りまして・・・。

判決骨子はこうなっています。

○著作権侵害のまん延を積極的に企図していないが、
 認識、容認し、開発・提供した。
○応用可能で有意義な技術だが、著作権侵害を有形的、精神的に容易にした。
○やりとりされるファイルのかなりの部分が著作権の対象。
 著作権を侵害して広く利用されている。
○ウィニーは著作権侵害の実行行為に不可欠。
 不特定多数に提供した行為は、ほう助罪を構成。


というのが裁判所のロジックである。

そして私が思う警察・検察のロジックは

被告がファイル共有交換ソフトを開発・公開し、
そのソフトを使って、著作権法違反事件が起こった。
しかし、匿名性ゆえに利用者というのはほとんど分からない。
なのでこうなったら開発者を罪に問おう。
なぜなら被告は、著作権法違反が起こり、ファイル流通できてしまうという
可能性があることを知っていたのからだ。


という荒唐無稽・無茶苦茶である。

なので技術屋が問われた罪が『著作権法違反ほう(幇)助罪』
・・・では警察・検察諸君に問う。

ピストルを作った奴を殺人幇助で何故捕まえない?
猟銃と違ってピストルは人を撃つために開発されたもんだ。
今からでも遅くは無いから、容疑者不在で書類送検でもしたらどうだ?

MP3プレーヤーを製造・販売・使用しているのを
著作権法違反幇助罪で何故捕まえない?

ネット上に溢れている音楽情報を合法か違反かに関わらず利用者はパソコンから
ダウンロードして使っているだろう。
これは上二つと違って現実社会にいるから、証拠隠滅される前にパクったらどうだ?

パソコンを作った、流通させた奴らを
著作権法違反や諸々の幇助罪で何故捕まえない?

今回の事例からいけばパソコンさえなかったらこんなことは絶対に起きなかった。
ならばパソコンを作った奴に罪があるんじゃないの? 早く捕まえなさいよ。

というように今回の判決からいけばこんな屁理屈のような事例がごまんと出てくる。

今回の要点である、犯罪性を予見できたことと、新技術を開発することは別。
犯罪性・危険性の予見ということならば、どんなものにも存在する。
自動車然り、自転車然り、原子力然り、アルコール然り・・・etcである。

では何故これらの事例に対して公権力が動かないのか?

私はこれらの「明」の部分・・・すなわち有益な部分が大きいから。
そして何故ウィニーが捕まったのかは、これと逆で「暗」の部分だけが全面的に
押し出され、『ウィニー=悪』となったからだと思う。
そしてさらに現行法がITの急速な発展に対して全く追いついていないから
こうなったんではないでしょうか。
まぁもちろん裁判官のITに対する知識の無さというものあるだろうけども。
これはまぁ別問題としておいておきます。

この判決に関してはIT関連の法整備が追いついていない方が問題であり、
追いついていないということを新たに認識しなくてはならない問題でしょう。

なので教育基本法がどーたらこーたらと基本法の中身に関係が無い、いじめ関連に
時間を費やし、肝心の中身について全くと言っていいほど議論され尽くされていない
ものをダラダラと議論して、議論は十分だと言い放つ政治家諸君よ、
こういう今現場で起こっている問題に対してもっと知識を絞ったらどうだね。

そしてこの判決の一番の欠点は、どうすれば被告は有罪にならずに
無罪になっていたかということが示されていないことです。
判決でこれを示さなければ後に続くプログラマーたちは新技術を
開発しずらくなるというのは自明でしょう。
結果的に日本はIT分野で停滞、衰退することでしょう。


まぁこの裁判は最高裁まで引っ張ることになるでしょうが、
もしこの有罪が確定すれば、上記のように日本のIT技術が衰退の一途を
たどるということは避け難いことになると思われます。
有用な新技術というものは使い方によっては善にも悪にも使われる。
それはもう今回のウィニーで完全に証明されましたからね。

どっかの社説では開発者のモラルが裁かれたとか何とか言ってるけど、
じゃあどんなモラルを持って新技術を作れば良いんだよって話です。
著作権に触れる可能性が1%でもあるから開発するのを止めようってのが
モラルある開発者ってことなんですかい?読売さんよ。
さらに、この手の技術の開発は止まってないからプログラマーが萎縮すると
いう心配は無いっていう楽観視もどうかと思いますよ。根拠も乏しいし。

えー新たなものを生み出したいと考えているプログラマーの皆さんには
是非とも日本以外のところへ移住されることをオススメします。
日本では悪く使用された技術に関しては有罪になるそうですから(笑)

では最後に・・・この問題で責められるべきは

「悪い使い方」をした利用者である!

ということを忘れてはならない。まぁ当たり前のことだね。
そして自分の身分もわきまえずに、自分のパソコンにウィニーをインストールして
使用し、挙句の果てには機密情報まで流失させた警察諸君には・・・

被告を逮捕する資格は無い!

ということを言って記事をしめくりたいと思います。

ここまで読んでくれた方々に感謝。
スポンサーサイト
国内問題 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。