07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

王JAPAN世界一や~!

2006年03月21日
ニッポン勝ったぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!


世界一やぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!

ありがとう!ホンマにありがとう!

こんなに野球で感動して熱くなっている自分がいるのはひさびさです!

王JAPAN最高やぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!

もうMVPは全員です!

皆が頑張ってこの結果が得られたんですから!

キューバの選手も皆がんばってた。

決勝がキューバだったからこそいい試合が生まれたんだと思います。

championship_1


championship_2


続きを読むは冷静に(?)試合を振り返ろうと思います。
かなり長くなりそうですけども書きたいと思います。
私が後輩に速報メールを送っていましたのでそれをもとにまとめたものです。
まず1回表

キューバ先発ロメロの乱調をついて
西岡、イチロー、松中と3人が内野安打、四球、内野安打で出塁し1アウト満塁。

ここでキューバは早くもピッチャーを交代し、オデリンに継投。

続く多村は内角のストレートがひじに当たりデッドボール。
日本1点先制!
次の里崎は空振り三振に倒れるも、
小笠原がきわどいボールだったが四球を選びさらに1点追加!
今江がセンター前にクリーンヒット!

2人が生還し、4対0とする。

またキューバは早くも3人目のゴンザレスに継投。

青木はセカンドゴロに倒れて攻撃終了。

1回ウラ
日本の先発は松坂大輔。

しかし立ち上がりキューバの先頭打者パレットにホームランを浴びる。
だがその後の3、4、5番を内野ゴロと三振に斬って取り攻撃終了。

4対1となる。

先発松坂はまずまずの立ち上がり。

2回表
打順は1番に戻り上位打線の川崎から。
だが、川崎はセーフティバントを試みるもキャッチャーゴロに倒れ。
西岡はフルカウントまで粘るも空振り三振。
イチローは4球目をうまく捉えるも、
ショートがジャンプ一番でキャッチするファインプレーでライナーに倒れる。
日本2回表は3者凡退になる。

2回ウラ
松坂の投球が勢いに乗ってくる。

5番は落ちる球で、6番はストレートで三振を奪う。
7番には上手く流されライト前にヒット。
続く8番には威力のあるストレートで空振り三振!
無失点でこの回を乗り切る。

3回表
先頭打者の4番松中がライト前ヒットで出塁。
続く多村は変化球にタイミングが合わず空振り三振。
次の里崎は四球を選び、1アウト1塁2塁とチャンスを広げる。
しかし続く小笠原と今江が内野ゴロに倒れてこの回も無得点で攻撃終了。

3回ウラ
少し松坂に力みが生じてきたようだ。

9番は高めのボールをうまく捉え、レフトフェンスダイレクトの二塁打を打たれる。
ノーアウト2塁とピンチを迎える。
だがここはさすが松坂といったところか、続く打者を全員打ち取りピンチを凌ぐ。

4回表
ピンチを凌いだ日本。そろそろ追加点がほしいところ。

だが先頭の青木は内角の変化球にバットが泳ぎ、空振り三振。
続く川崎は上手く打つもショートライナーに倒れる。
次の西岡がフルカウントまで粘った末に四球。
さぁ嫌でも続くイチローに期待がかかる。
しかし、ランナーの西岡が牽制球に誘い出されアウトになる。
日本チャンスを広げることが出来ない。

4回ウラ
やはり力みがあるのだろうか松坂の球が荒れている。

4番は初球をたたきセンターに大きな飛球。
だがノビが足りずに失速してセンターフライとなる。
続く5番はピッチャー返しを打ちヒットになったかと思いきや、ショート川崎が
ダイビングキャッチ!1塁でちゃんとアウトにする。
6番は先ほどのピッチャー返しと同じように打ち出塁。
ここでもう一回ファインプレーは生まれなかった(笑)
だが次の打者をライトフライに打ち取り攻撃終了。

5回表
イチローから始まる好打順。追加点がほしい。

そのイチローは上手くレフト線に流し打ち、2塁打。
4番松中は初球打ち!ライト前ヒット!
ランナーのイチローは3塁でストップ、何か意図があってのことだろう。
日本はノーアウト3塁1塁と絶好のチャンス!

ここでキューバは4番手のペドロソをマウンドへ。

続く多村は3塁線に引っ張る鋭い当たりを見せる!
しかし、これをサードがナイスプレーで捕球するもホームには投げられず。
一瞬迷いがあり1塁もセーフとなり内野安打。

日本やっと1点を追加。5対1。

次の里崎はきっちりと送りバントを決めて、ランナーそれぞれ進塁。

1アウト2塁3塁となったところで、キューバは5番手のパルマをマウンドヘ。

さらに小笠原がレフトに犠牲フライを打つ。
日本さらに1点追加!

6対1とし、リードを5点に広げる。

里崎はショートゴロに倒れて、攻撃終了。

5回ウラ
日本は松坂から渡辺俊にチェンジ。

渡辺は期待通りのピッチング!キューバは2三振・ショートライナーで3者凡退。

6回表
9番青木に変わって代打金城。
しかしセンターフライに倒れる。
後続も凡退し、3者凡退。

6回ウラ
渡辺のピッチングに期待がかかる。

2番の打球は1塁線へ。ここで小笠原のファインプレーが飛び出しファーストゴロ。
3番の打球はなんでもないショートゴロ。
しかーし、川崎がファンブルしエラーの間に1塁はセーフ。
続く4番はヒットでチャンスを広げ5番は3塁線を破る2塁打!
キューバが1点を返す。
続く6番もセンター前へタイムリー。さらに1点を返す。
7番がダブルプレーとなり攻撃終了。

この回2点を返し、6対3.

7回表
なんとしても流れを変えたい日本。

この回は3番からのクリーアップの打順だったが3者凡退。

反撃したかったが、駄目押しはできず。

7回ウラ
渡辺続投。

8番も平凡なショートゴロだったが、またしても川崎のエラー。
これが世界一への試練なのか・・・。
9番はダブルプレーに倒れ、日本にとってはラッキーな展開。
1番はファーストゴロ。しかし、カバーに入った渡辺がキャッチできず。
またしてもエラーで出塁を許す。
だが2番をしっかり抑え、無失点で凌ぎきる。

8回表
駄目押しがほしい日本。

しかしこの回も3者凡退となる。

何か嫌な流れである。

8回ウラ
まだ渡辺続投。

3番は内野安打でノーアウトのランナーを出す。

ここで王監督は渡辺から藤田にスイッチ。

4番をレフトフライに打ち取る。
しかしここで5番にレフトスタンドへ痛恨の1発。
1点差に詰め寄られる。

ここで守護神大塚を投入。

大塚は後続を見事断ち切り、6対5になり9回へ。

9回表
なんとしてでも突き放したい日本。

先頭の金城はサードゴロ、アウトかと思われたが、送球がそれセーフ。
続く川崎はもちろん送りバントをするのだが失敗。
暗雲立ち込めるが、西岡は内野安打と1アウト1塁2塁。
イチローはイチローらしい当たりでライト前ヒット。
やっと1点を追加する。
続く松中は敬遠となり1アウト満塁のチャンス。

ここでキューバはマヤにチェンジ。

また日本ベンチも動き、多村から準決勝のヒーロー代打福留。

その福留が期待にこたえレフト前タイムリー。
イチローがタッチをかいくぐり2者生還。
さらに里崎は四球を選び、また1アウト満塁。

ここでキューバはまた投手をゴンザレスに。

小笠原はきっちり犠牲フライをあげさらに1点追加。

さらにキューバは投手を8人目のマルテイネスに。

今江はショートゴロに倒れ攻撃終了。

9回に4点を追加し、10対5とする。

9回ウラ
日本は守備固めとして川崎に変え宮本を。

先頭の8番は左中間真っ二つの2塁打。
続く9番はライトフライに倒れるも、1番が内野安打を打ちその間に1点返す。
しかしこれでキューバの反撃は終了。
後続がどちらも空振り三振に倒れてゲームセット!


日本初代王者おめでとう!

あ~ここまで打つのしんどかったぁ(笑)
また今日中か明日にでも簡単に思ったことを書こうと思います。
スポンサーサイト
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。