07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

菊花賞

2007年10月21日
京都11R GⅠ 菊花賞 芝3000m

牡馬クラシック3冠最終戦。第68回菊花賞。
2回の淀の坂越え、長距離3000mの先に待つものとは・・・。

というわけで、大混戦の3歳牡馬戦線です。
今年はダービー馬不在の菊花賞。
ダービー勝ったのが牝馬ウオッカですからね仕方ないと言っちゃ仕方ないんですが。
・・・下手したら秋華賞に出るよりもこっちに出てたほうが良かったりして(笑)
まぁメンツ的に何が勝ってもおかしくはないですけども・・・
こいつは来るなよって言う馬も数頭いらっしゃる18頭フルゲート。
ステイヤーが勝つのか切れ味勝負の馬が勝つのか。
あと長距離は騎手で買えって言いますしねぇ・・・そのどうしようかな。

さて久々に1頭ごと見ていきますかね。長くなりそうですが(苦笑)

ヒラボクロイヤル
一発は秘めているが軸には出来ない。幸四郎も秋華賞で燃え尽きたかも(笑)
ウエイクアイランド
いきなりこの相手では厳しい。
ブルーマーテル
同上。来たら泣くわ。
ロックドゥカンブ
無傷の4連勝は確かに評価できる。ただ私は遅生まれの馬にはいい印象がない。
距離も「?」で鞍上も不安。-2キロとはいえ過信は禁物か。
エーシンダードマン
厳しいとは思うが②③とは違って距離延長はプラス要因かな。
コートユーフォリア
こいつも厳しいね。距離も長いでしょう。
タスカータソルテ
ちょっとわからない1頭。京都新聞杯を勝ってはいるが。如何せん前走が・・・。
マンハッタンスカイ
血統的には魅力を感じる。しかしそれだけ。
サンツェッペリン
掲示板に載っても不思議ではない。
人気もないし美味しいがどうも買いにくい印象がある。
アサクサキングス
前走は負けて強し。距離も問題はなさそうでダービー2着の意地を見せるか。
フサイチホウオー
ダービーで圧倒的1番人気に押されながら惨敗。秋初戦どうかと思われ惨敗。
一変は考えがたいが大多数に見捨てられた今が狙い目か。でも勝たないでね。
アルナスライン
京都大賞典のインティライミ・ポップロックの3着は評価できるが・・・。
反動が心配です。
ローズプレステージ
なんともいえない。そこそこまでは来そうだが掲示板までは無理かな。
デュオトーン
不気味な上がり馬。なんかやらかしても不思議ではない。
ベイリングボーイ
3000は長いでしょう。
ドリームジャーニー
ここ何年かはスタミナを問われるよりも切れ味が問われる傾向があるので
小柄とはいえ展開次第では一発は十分ありうる。秋華賞のようになれば厳しい。
ホクトスルタン
血統的な魅力。が力は「?」。あんまり人気しないかと思ったが意外と人気。
鞍上人気が大分あるんでしょうなぁ。
ヴィクトリー
皐月賞と菊花賞は連動するとはよく言うものだがどーなんかなぁ。
皐月のように気ままに行かせたら面白いとは思うが、多分控えるよね。
まぁ折り合い次第。

あー長かった。まぁそれぞれの馬に一長一短がありますわね。
では印。

◎アサクサキングス
○ロックドゥカンブ
▲ヴィクトリー
△ドリームジャーニー
△ホクトスルタン
×フサイチホウオー
×アルナスライン
穴ローズプレステージ


こんなところです。
上位3頭すべて前々の馬にしてみました。
・・・自信なし!当たる気配なし!まっいつものこと。

最後の1冠をテレビで見届けたいと思います。

追記:どうもデュオトーンは微妙なんでローズプレステージを
穴評価にします。大穴かな(苦笑)
スポンサーサイト
競馬 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。