05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

皐月賞枠順確定

2008年04月17日
皐月賞(GⅠ、JpnⅠ)
馬    名
性齢
斤量
騎   手
タケミカヅチ
牡3
57
柴田 善臣
スマイルジャック
牡3
57
小牧  太
フサイチアソート
牡3
57
横山 典弘
スズジュピター
牡3
57
後藤 浩輝
レインボーペガサス
牡3
57
安藤 勝己
キャプテントゥーレ
牡3
57
川田 将雅
オリエンタルロック
牡3
57
武 幸四郎
ダンツウィニング
牡3
57
池添 謙一
マイネルチャールズ
牡3
57
松岡 正海
ブラックシェル
牡3
57
武  豊
スマートファルコン
牡3
57
福永 祐一
ベンチャーナイン
牡3
57
武士沢 友
ドリームシグナル
牡3
57
吉田 隼人
ノットアローン
牡3
57
藤岡 佑介
サブジェクト
牡3
57
岩田 康誠
レッツゴーキリシマ
牡3
57
幸  英明
フローテーション
牡3
57
内田 博幸
ショウナンアルバ
牡3
57
蛯名 正義

さて先週はもう何がなんだかという桜花賞だったので、
今週はその反動で比較的堅く収まってくれるような気がします。
去年はヴィクトリーとサンツェッペリンで荒れましたからね・・・。
今年はそんな展開はお断りですよ(苦笑)

さて1番人気がほほ確実であろうマイネルチャールズ。
私は買いたいとは思わないんですよねぇ・・・。
特に強さを感じないというかなんと言いますか・・・軽視って程ではないですよ。

まぁ弥生賞を勝ったからどうこうと言われてますが、ちょっと待った。
この頃弥生賞の勝ち馬は本番には繋がっていないんですよねぇ・・・。
過去10年で弥生賞→皐月賞と連覇したのは05年のディープが最後。
06年はアドマイヤムーン、07年はアドマイヤオーラと共に馬券圏外の4着。
ちなみに05年以前は01年のアグネスタキオンが連覇したのみ。
98年 スペシャルウィーク→3着
99年 ナリタトップロード―→3着
00年 フサイチゼノン――→不出走
02年 バランスオブゲーム→8着
03年 エイシンチャンプ―→3着
04年 コスモバルク―――→2着
のように人気は違えど勝っている馬は過去10年2頭だけです。
しかもともにJRAで無敗だった馬。
つまり化け物みたいな強い馬じゃないと弥生→皐月と連覇できないんですよね。
果たしてその強さが無敗でないマイネルにあるか?・・・私は無いと思うのですが。

ただし、前走弥生賞出走馬という括りで過去10年皐月賞を見てみると・・・
(4-3-6-29)
勝率9.5% 連対率16.7% 3着内率31.0%という結果になります。
ステップレースとしては一番いい成績を残しているのはこの弥生賞なんですね。

はてさて皐月賞どうなることやら。
スポンサーサイト
競馬 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。