05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

フェブラリーS(GI)枠順確定

2009年02月21日
第26回 フェブラリーステークス(GI)
ダート・左 1600m サラ系4歳上 オープン (国際)(指定) 定量
枠番
馬番
馬  名
性齢
斤量
騎  手
1
1
カフェオリンポス
牡8
57.0
勝浦 正樹
2
カネヒキリ
牡7
57.0
C.ルメール
2
3
サンライズバッカス
牡7
57.0
三浦 皇成
4
トーセンブライト
牡8
57.0
田中 勝春
3
5
バンブーエール
牡6
57.0
松岡 正海
6
ナンヨーヒルトップ
牡4
57.0
柴田 善臣
4
7
ヒシカツリーダー
牡5
57.0
木幡 初広
8
キクノサリーレ
牡4
57.0
後藤 浩輝
5
9
ヴァーミリアン
牡7
57.0
武 豊
10
ビクトリーテツニー
牡5
57.0
横山 典弘
6
11
アドマイヤスバル
牡6
57.0
川田 将雅
12
エスポワールシチー
牡4
57.0
佐藤 哲三
7
13
オフィサー
牝7
57.0
福永 祐一
14
カジノドライヴ
牡4
57.0
安藤 勝己
8
15
サクセスブロッケン
牡4
57.0
内田 博幸
16
フェラーリピサ
牡5
57.0
岩田 康誠

今年最初の中央GIはこういうことになりました。

日本ダート界のツートップは最内枠と真ん中と分かれましたね。
フェブラリーステークスの舞台、東京ダート1600mは内枠不利が定説となりつつあります。
この2番に入ったカネヒキリにはちょっと分が悪いのではないでしょうか。
まして、この2番枠は過去25回で勝ったことは一度もありません。2着はあるようですが。
このコーナー?で良く取り上げるデッドナンバーですね。
ちなみに今回は2、4、7、13がデッドナンバーです。そして13番は連対もなしです。
ということでオフィサーは問答無用で消す予定です。
その点ではヴァーミリアンの方が有利ではないかと見ています。
そしてこれで一戦必勝体制で使い詰めでの4連続でGI。強い馬だと分かってはいますが
臨戦過程ではちょっと辛いのではないでしょうか。

さてこのヴァーミリアン、昨年暮れの2戦でカネヒキリの後塵を拝してしまい王座転落と
言われるようになってしまいましたが、そんなにこの2騎って力の差があるのでしょうか?
確かに一度も勝ってはいませんが、以前と比べてカネヒキリとの着差は縮まっています。
去年の敗戦はJCDが乗り代わり、東京大賞典はスローの展開と鞍上の腕の調子という
理由がつけられます。鞍上の調子が戻り、川崎をパスしてここ1本に絞ってきたということを
考えれば今回こそは逆転があってもいいと考えます。
あと水曜追い切りを木曜に延期したということが大々的に報道されていますが、
木曜日にちゃんと追いきりしているので問題は無いでしょう。これで順調さを欠いた
とも言われますが、去年の方が順調さを欠いていた気がするんですが・・・(苦笑)
大事を取って水曜日をキャンセルしたということでしょう。悲観することは無いと思います。

ここまでヴァーミリアンを擁護しているということは・・・はい本命です。
ユタカさんの4週連続重賞勝利に賭けてみたいと思います。

さて出てこなかったその他の有力どころは外のほうに固まってしまいましたね。
中でも注目は4歳馬の3頭でしょう。
内からエスポワールシチーカジノドライヴサクセスブロッケンとなりました。
エスポワールシチーは前走平安Sでいつも通りの競馬で惜しい2着でしたが、
その勝った馬は58キロを背負ったワンダースピード・・・。
そうGIではちょっと足りないけどもそれ以外だと好走する馬です(あくまで私見です)。
その馬にゴール前クビだけですが出られて負けたというのはちょっと・・・。
まして斤量差が3キロあったことも考えるとここで頭で勝負しようとは思えません。

続いて、ドバイが目標だったはずのカジノドライヴですが・・・
4歳馬の中では1番可能性があるのかなぁとは思っています。
でもドバイが目標なのに出るつもりが無かったフェブラリーに急遽参戦して勝てるほど
甘いメンバーではないと思うのですが・・・まして初めはキングストレイルを出走させようと
していた厩舎なんですから。まぁ前走減っていた馬体は戻っているみたいですし、
JCDの頑張りを考えれば好勝負しても不思議ではないと思います。
そして鞍上安藤勝己。「スカーレットでなくても安藤勝己!」と実況にはもってこいですが。

最後にサクセスブロッケンですが・・・どうなんでしょう。
ちょっと勢いで勝っていた頃に比べて翳りが出てきたのかなという印象です(私見)。
前走の川崎記念でもカネヒキリ、地方では走るフリオーソにちぎられましたから
まだ成長があるにせよ現段階ではカジノドライヴのほうに軍配が上がると考えます。

という感じで見ております。
あーとフェラーリピサなんていう馬がいますが・・・。
2着までに来たら事故と思って諦めるでしょうね(苦笑)
スポンサーサイト
競馬 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。