07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ダメなものはダメ

2009年03月13日
ここ最近こんなニュースが飛び交ってますね。

社説:カルデロンさん 親子在留を許すべきケースだ

 強制退去処分を受けた日本生まれのフィリピン人、カルデロンのり子さんと母親サラさんの仮放免期限が16日に迫った。先に父親アランさんを強制収容した東京入国管理局は、「両親が自主的に帰国する意思を表明すればのり子さんの在留を認め、表明しなければ3人とも強制送還する」と通知している。入管当局なりの妥協案かもしれないが、脅しとも映る対応を潔しとしない。諸事情を勘案し、一家に在留特別許可を与えるべきケースではないか。(以下略)
(2009年03月13日 毎日新聞})


いや許しちゃダメでしょそんなこと・・・。

まぁ確かにこの子供は可哀想かもしれないよ。不幸な境遇で生まれてね。

でも全ての大元は両親がパスポート偽造して日本に入国したということにあるでしょ。

旅券法
第二十三条  次の各号のいずれかに該当する者は、五年以下の懲役若しくは三百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
 五  行使の目的をもつて、旅券又は渡航書として偽造された文書を譲り渡し、若しくは貸与し、譲り受け、若しくは借り受け、又は所持した者


と旅券法に定められているわけ。ということはパスポートの偽造は犯罪なわけです。
だから母国に強制送還する極めて自然なことであると思いますが。
で、日本で生まれてしまったこの子だけは親類を頼りにできるから残っていいという
ことが最大限の温情じゃあないかなぁ。

おそらくこんなケースって明るみになっていないやつが結構あると思う。
これを認めればまず間違いなくわんさか「在留許可を!」っていうのが出てくるよ。
言い方は悪いが、子供を作っちまえば不法入国しようが免除されるってことになるよ。
ということは日本は不法入国を犯罪と認めませんという国になるってこと?
それって法治国家としてもう終わりじゃない?

まして不法を認めるって合法的にちゃんと入国している人に対しての逆差別じゃない?
・・・これはむりやりかな(苦笑)

いくら税金なり払っていようともそれとコレとは話は別。納税=在留許可じゃないから。

(納税・・・あー違うこと思い出した。また後日書こう)

とにかくどうあっても入管はここの一家全員の在留許可を出すべきじゃないと思うなぁ。
スポンサーサイト
国内問題 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。