05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ドバイワールドカップDay結果

2009年03月29日
昨夜と今日未明にドバイワールドカップDay諸競争が行われました。
詳しくはドバイ・ワールド・カップ 成績と映像(JRAHP)まで

ドバイゴールデンシャヒーン(G1)
第4レース 良馬場 1,200m(直線ダート) 両半球産馬3歳以上
賞金総額:2,000,000米$ 1着賞金:1,200,000米$
着順
馬  名
生産国
性齢
重量
騎 手
タイム・着差
ビッグシティマン
USA
牡4
57.0
J.ヴェレンズエラ
1:08.93
インディアンブレッシング
USA
牝4
55.0
E.プラード
1 1/4
ダイアボリカル
USA
牡6
57.0
L.デットーリ
バンブーエール
JPN
牡6
57.0
武  豊
1/2

日本馬3頭の先鋒バンブーエールはこのレースに出走したわけですが、
結果は死んだふりから最後猛追してワープしたかのように半馬身差の4着。
それでもよく健闘したと言っていいのではないでしょうか。
しかし上位2頭は強いですね。世界の壁は厚い。特にダート界は。


ドバイ・デューティー・フリー(G1)
第5レース 良馬場 1,777m(芝) 北半球産4歳以上、南半球産3歳以上
賞金総額:5,000,000米$ 1着賞金:3,000,000米$
着順
馬  名
生産国
性齢
重量
騎 手
タイム・着差
グラディアトゥーラス
USA
牡4
57.0
A.アジュテビ
1:46.92
プレスヴィス
GB
セ5
57.0
R.ムーア
3 1/4
アレクサンドロス
GB
牡4
57.0
M.キネーン
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
ウオッカ
JPN
牝5
55.0
武  豊
 

実質日本馬の総大将であるウオッカが副将として昨年の雪辱を晴らすべく登場。
好スタートを切り内の馬がドンドン行ったので控えて2番手での追走。
道中も気分よく追走しているように見えましたしこれから勝てるかもと直線へ。
後は逃げ馬を交わすだけという感じでしたが、追い出しても伸びず・・・。
逃げ馬には突き放され後続馬にも差されてしまい7着とウオッカらしからぬ結果。
最後は歩いているようにも見えました。

それにしても勝った馬は一体何者?ダイワスカーレットかサイレンススズカですか?
(逃げて強い馬がこの2頭しか思い浮かびませんでした”苦笑)
あんな競馬して勝つんですから脱帽です。
そしてこのレースは人気馬総崩れ。2着3着も人気薄ですからね。
直前まで降っていた大雨?が多少なりとも結果に影響したのではないでしょうか。

残念な結果ではありますが、無事に日本に帰ってきてほしいですね。


ドバイ・ワールド・カップ(G1)
第7レース 良馬場 2,000m(ダート) 北半球産馬4歳以上、南半球産馬3歳以上
賞金総額:6,000,000米$ 1着賞金:3,600,000米$
着順
馬  名
生産国
性齢
重量
騎 手
タイム・着差
ウェルアームド
USA
セ6
57.0
A.グライダー
2:01.01
グロリアデカンペオン
BRZ
牡※5
57.0
J.レミ
14
パリスパーフェクト
SAF
牡※4
57.0
B.フェイデルベ
4 1/2
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
カジノドライヴ
USA
牡4
57.0
安藤 勝己
 
(※印の馬は、日本国内の基準(両半球産馬共に1月1日に加算)に基づくと、+1歳となります)

大将として最後に登場したカジノドライヴ。
米重賞を勝った彼ならひょっとして・・・と思いましたが、結果はどこかに消えました。
ホントにダート界の壁は厚い!というか日本の砂のダート馬は外国の土のダートで
大きいところを勝つことはやっぱり厳しいんじゃないかなぁ・・・。
結局このレースで最先着したのはトゥザヴィクトリーの2着ですからね。
彼女はダートGI馬じゃなくて芝のGI馬ですもんね。いやはや適性がわかりません。

さてカジノドライヴはまだ4歳ですから先があるとは思うのですが、
これからのローテーションはどうするんでしょうかねぇ。
ダートのGIを狙っていくのか、まさかの芝路線に転向するのか・・・。
でも新馬で手綱を執ったユタカさんが日記で芝でも走るといっていますからね。
これから先のこの馬の動向には注目だと思います。

今年日本馬は勝てませんでしたが、毎年参加することに意味はあると思いますので
これからもどんどん海外に参戦してほしいですね。
そして出走した3頭は無事に日本に帰ってきてほしいですね。

それにしてもドバイでGIを勝ったアドマイヤムーン、ハーツクライは偉大なんですね。
スポンサーサイト
競馬 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。