07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

秋華賞&府中牝馬S

2009年10月18日
今日は某試験のため早めのそして簡単な更新です。
GIじゃなかったら更新しなくてもいいかなと思いますが、今日はGIレースですし、
3頭目の3冠牝馬の誕生か?とも言われているレースですからね。
それに乗っからないわけにはいきませんよねw

京都11R 秋華賞 GI
芝・右 2000m サラ系3歳 オープン 馬齢
枠番
馬番
馬  名
性齢
斤量
騎  手
1
1
ホクトグレイン
牝3
55.0
田中 博康
2
パールシャドウ
牝3
55.0
三浦 皇成
2
3
ブエナビスタ
牝3
55.0
安藤 勝己
4
ミクロコスモス
牝3
55.0
武  豊
3
5
レッドディザイア
牝3
55.0
四位 洋文
6
ヴィーヴァヴォドカ
牝3
55.0
村田 一誠
4
7
ダイアナバローズ
牝3
55.0
角田 晃一
8
ラインドリーム
牝3
55.0
幸  英明
5
9
イイデエース
牝3
55.0
浜中  俊
10
クーデグレイス
牝3
55.0
川田 将雅
6
11
ワンカラット
牝3
55.0
藤岡 佑介
12
ブロードストリート
牝3
55.0
藤田 伸二
7
13
アイアムカミノマゴ
牝3
55.0
小牧  太
14
ジェルミナル
牝3
55.0
福永 祐一
15
ハシッテホシーノ
牝3
55.0
松岡 正海
8
16
モルガナイト
牝3
55.0
秋山 真一郎
17
ワイドサファイア
牝3
55.0
岩田 康誠
18
デリキットピース
牝3
55.0
柴田 善臣


◎ レッドディザイア
○ ブエナビスタ
▲ ワイドサファイア
△ ジェルミナル
× ミクロコスモス
× クーデグレイス


珍しくですが×が2頭になりました。まぁまだ絞りきれていないからなんですが。

本命はレッドディザイア。春2冠はあと一歩のところで届きませんでしたが、
春であの状態なら夏を越して成長した今なら逆転しても不思議じゃないです。
コースも京都内回り2000mとトリッキーなコースなので追い込み一手のブエナよりも
競馬はしやすいというところもいいと思います。あと調教は抜群でしたしね。

対抗はブエナビスタ。確かに強い。同性にも負けてませんしね。
ただ今回の京都内回り2000mはこの馬にとってはベストな条件ではないと思います。
また札幌記念後に爪に何かあったようですからその点もちょっと・・・。
それでも強いのは事実ですからここに。

以下はほぼ変わらないかと(苦笑)

印以外ではブロードストリートはローズSレコード勝ちで個人的には軽視。
上がり馬モルガナイトは前が勝負だったのでは?と思うので軽視。

とまぁこんなところです。

続いて

東京11R 府中牝馬ステークス GIII
芝・左 1800m サラ系3歳以上 オープン 別定

GI日に他の競馬場で重賞をやるなよと思いますが、どうせなら同じ競馬場でやれよと。
ダービー当日の目黒記念のように。

さてこのレースは何か牝馬限定GIみたいなメンツが集まりましたね。
流石はエリザベス女王杯のステップレースです。

◎ リトルアマポーラ
○ カワカミプリンセス
▲ ニシノブルームーン


何か外枠ばっかりになっちゃいましたね。
個人的にはカワカミプリンセスに頑張ってほしいのですが。

では試験何とか乗り切ってきます。いや乗り切れればいいなですかね。
スポンサーサイト
競馬 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
あら、早いじゃない?
こんにちは(*´∀`)ノ゙ チワ-ッス!
今日は早いじゃない?
でも、早いのも悪くないかなo(*^▽^*)oエヘヘ!

秋華賞はいろいろと考えてはみたものの、ビスタちゃん&ディザイアちゃんが馬券圏外へ飛ぶシーンがイメージできませんでした。。。
ということで、2頭と勝負付けが済んでいない馬を加えての3連馬券で勝負したいと思います♪
ただ、そうは言いながら、2頭を倒すことができる、わずかな可能性のある馬を「第3の馬」として1着候補に加えておきます(笑)
この舞台で勝ち鞍があり速い流れの決着にも十分対応できそうな「モルガナイトちゃん」と、ローズSで見せた自在性が小回りの舞台でさらに威力を発揮しそうな「ブロードストリートちゃん」を「第3の馬」として指名します♪
またも僅か
アスカさんこんばんは☆
今日は(もう昨日ですが)宅建試験がありまして、それでちょっと早めにお邪魔した次第です。
いつもギリギリに来すぎですかね(苦笑)

秋華賞はまた凄いレースになりましたね。
何とか試験後近くに下宿している友人の家に押しかけリアルタイムで見れましたが、
オークスに続いてまたハナ差の大接戦。
春はブエナでしたが、秋はレッドに軍配が上がりました。
春は苦杯を味わった松永厩舎、四位Jの喜びもひとしおでしょうね。

ただブエナの降着でちょっと後味が悪くなりましたが・・・。
あれで降着なのかぁと。いつもなら過怠金で済みそうな感じにも見えたのですが・・・
勝手な判断ですが。

三冠牝馬の誕生が見れなかったのは残念ですが、
この2頭にはこれからの競馬を盛り上げていってほしいですね。
ウオッカ×ダイワスカーレットに次ぐライバル物語として。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。