05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

菊花賞

2009年10月25日
京都11R 菊花賞 GI
芝・右・外 3000m サラ系3歳 オープン 牡・牝 (指定) 馬齢
枠番
馬番
馬  名
性齢
斤量
騎  手
1
1
スリーロールス
牡3
57.0
浜中 俊
2
シェーンヴァルト
牡3
57.0
秋山 真一郎
2
3
フォゲッタブル
牡3
57.0
吉田 隼人
4
トライアンフマーチ
牡3
57.0
武 幸四郎
3
5
アンライバルド
牡3
57.0
岩田 康誠
6
イグゼキュティヴ
牡3
57.0
川島 信二
4
7
ヤマニンウイスカー
牡3
57.0
和田 竜二
8
アントニオバローズ
牡3
57.0
角田 晃一
5
9
リーチザクラウン
牡3
57.0
武  豊
10
キングバンブー
牡3
57.0
小牧 太
6
11
セイクリッドバレー
牡3
57.0
松岡 正海
12
セイウンワンダー
牡3
57.0
福永 祐一
7
13
キタサンチーフ
牡3
57.0
藤岡 康太
14
イコピコ
牡3
57.0
四位 洋文
15
ポルカマズルカ
牝3
55.0
横山 典弘
8
16
ナカヤマフェスタ
牡3
57.0
蛯名 正義
17
アドマイヤメジャー
牡3
57.0
川田 将雅
18
ブレイクランアウト
牡3
57.0
藤田 伸二

牡馬クラシック最終戦。淀の長距離を制するのはどの馬か。

さて先週の牝馬3冠争いはレッドディザイアがハナ差制して一矢を報いました。
オークスに続いてのハナ差ですからこの両馬にはほぼ差は無いんでしょうね。
ただ、広いコースになったら今度はどっちに転ぶかでしょう。
あとブエナの降着なんてありましたが・・・あれはちょっと厳しい気もしますね。

で、牝馬3冠が阻止されたのは93年のベガ以来のこと。
その年の牡馬クラシックには3強が存在しておりました。
ナリタタイシン、ウイニングチケット、ビワハヤヒデの3頭。
なんか今年とよく似ていると思いませんか?(笑)
前述の3頭はナリタは皐月を、チケットはダービー、ハヤヒデは菊を勝ちました。
まぁ3冠を分け合ったわけですよ。歴史は繰り返すということで今年も・・・。
ちょうどJRAのCMでハヤヒデに乗っていた岡部さんがバーテン役で出てますし。

とまぁリーチに勝ってほしいからって都合のいいことばかり並べたてまつりました(笑)

というわけで、

◎ リーチザクラウン
勝ってほしい。ただそれだけ。
某掲示板で載っていた今年の傾向の法則が発動してくれれば。
ただ、どうにも注文が多くなる馬ではあります。
一番人気でも逃げるだろうし、その分他からマークされますからね。

○ アントニオバローズ
前走は案外でしたが、ダービー3着の力を信じてみたい。
ノドの状態さえ良ければ。

▲ ナカヤマフェスタ
上と似てしまいますが、こちらはダービー4着。
セントライト記念組は相性良くないですけど、3着にでもきてくれれば。

△ アンライバルド
勝っちゃダメ(笑)
3強物語のためにも2着ぐらいに負けてください。
・・・まぁリーチより折り合いに難があると思っているのでそれ次第でしょう。
あとコイツほんとに2000m以上の距離もつんでしょうかね?

× フォゲッタブル
なんだかんだの良血。ただエアグルーヴの牡馬は走らないイメージが(苦笑)
まぁDD産駒ですからこの舞台にはもってこいなんでしょうが・・・。
血でどこまで走れるか。来年は注目だと思いますが。

穴 アドマイヤメジャー
京都コースは合うと(勝手に)思うので警戒は必要かも。

という感じですね。

神戸新聞杯を勝ったイコピコはレコード勝ち+神戸新聞杯→菊花賞の連勝馬が
ほとんど居ないことから切りました。2着3着ならあるかもしれませんが。
セイウンワンダーは・・・よくわかりません。
ここでまた2着とかに来るようなら私の見る目が無かったということで。
ダンスパートナー以来唯一の牝馬出走となるポルカマズルカは・・・
長いところを使って勝っていたりするのは好感ですが、果たしてどこまでやれるか。

という感じですね。
混戦の菊花賞でどの馬にもチャンスだとは思いますが、
個人的には彼が勝ってくれれば来週笑顔で過ごせるんですけどねぇ(笑)

今日は以上です。

来週は秋の天皇賞です。
スポンサーサイト
競馬 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
最後の一冠
こんにちは.:+:(。・∀・)ノ♪
いよいよクラシック最後の一戦ですね(o^-^o) ウフッ
3000mはどの馬にとっても「未知の距離」ということで毎年軸馬の選択に迷うのですが、今年は、ダービー馬の不在、皐月賞馬の前哨戦惨敗ということもあり混戦に拍車がかかっているようです。。。各馬の距離適性がよく見えないことから、ここは、父の長距離GⅠの実績により判断したいと思います!
中心は、前哨戦の淀みのない流れの中、クラシック組をまとめて差し切った「イコピコくん」をとりました♪あの末脚は決してフロックではないと思います★ミ
相手には、菊花賞向きの超良血が混戦を断ってくれそうな「フォゲッタブルくん」と、前走の走りからステイヤー血統が本格化した感のある「リーチザクラウンくん」です☆ミ
スタミナ
アスカさんこんにちは。
遅くなって申し訳ないです。

最後の1冠はリーチにと思っていたのですが、残り100mで力尽きてしまいました。
本場場入場でのやる気と発汗でちょっとスタミナを奪ってしまっているようでした。
それが最後の粘りこみができなかった原因なのかなと。
それでも5着に来ているので気性さえ成長すれば楽しみだと思います。

で、リーチが逃げたことによってDD産駒のワンツーに繋がったのかなと。
フォゲッタブルを対抗に推したアスカさんお見事です。

キレ脚勝負というよりスタミナ勝負になりましたからね。
ただ、個人的にはどうにも勝ち馬にはデルタブルースの臭いを感じるんですが・・・。
どちらもステイヤーズSに行ったほうがいいのではないかと。

明日は秋の天皇賞です。ウオッカ楽しみですね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。