05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

今更と言っては今更だけど

2006年03月09日
今更取り上げなくてももう皆さんご存知かと思うこのアホな法律

電気用品安全法

もう先にYahooニュースのリンク貼り付けますので
正しい情報はこちらのほうから得てください。

確実に偏ったことしか言いませんから(笑)
さらに先に言っておきますが、
これに関するご意見ご感想、調べたけど書いたこと間違ってるでということがあれば遠慮なくコメントをどうぞ。

さてここで電気用品安全法について簡単にまとめますと・・・

2006年4月1日より、2001年以前に発売された
家電・ゲーム機等は新品・中古を問わず、日本国内で販売を禁止する。


というなんとも後先を全く考えていない法律です。

そしてどうしても売りたかったら検査機関を通して
PSE(Product Safety Electrical Appliance & Materials)マークをつけろ
ということらしい。

いかにも今の世間の全くわかっていない経産省のカタブツ共が考えた法律ですね。
このリサイクル!って言ってる時代を真っ向から否定し時代を逆行しようとしてるんですから。
10000歩譲って逆行を許したとしよう・・・国民のメリットっていったい何?


これからの電化製品は安全だ!


というのだろうがそれを言い切るとまた悲惨な事態を招くことになると私は危惧する。

とまぁ書きたいことは山ほどあるのですが、ここにダラダラ書くと下の記事を見るのにうっとーしくなるので「続きを読む」の先に書きたいと思います。

では雑記。

久々にTVチャンピオンを見てみました。テーマは・・・

芸能人弾き語り王

あんまり興味をそそられないタイトルであるw
出演(出場)者

嘉門達夫・関口誠人・ROLLY・前田耕陽・2丁拳銃・テツandトモ

これ見た限りでは嘉門達夫とROLLYの一騎打ちだろうよ・・・


んっ?


嘉門達夫だって!


ひさびさに見たわぁ。いや~昔っから変わりませんなぁ。うれしい限りです。
なんであんなに替え歌とか即興曲でおもしろおかしく曲が作れるんですか!唄えるんですか!
うらやましい!その才能が1かけらでもいいからほしい!
いやいやまぁ笑わせていただきましたよ。
またCD聴きたくなっちゃったなぁ。買うかひさびさに。

あっ決勝はやっぱり私の予想通りでしたよ。
優勝は選曲の差でROLLYの勝ち。
まぁどうでもいい雑記ですね。
いや・・・これこそ雑記というものなんですかねぇ。
危惧すると言いましたがそれは何ぞやということですが・・・
少し背景的なことを言うと、検査を通過したら自分でPSEマークをつけるわけです。
別に経産省の天下り機関の検査機関が発行するわけじゃないそうです。

はいもうお分かりですね。


絶対に偽造が起こります!


バレなきゃいいの精神が人間働くものですから起こりますよこれぐらい。
自分で勝手につけれるんだったらつけるでしょうよ。
これが起こったときの消費者の声が聞こえてきます・・・


PSEマークがついてたのに事故が起こった!


国が定めたんだろーが!国の責任は無いのか!


さぁてこれが起こったときどう対処するのかが見ものです。

国があたふたするのが見て見たいという変な心が今働いています(笑)


これが一番簡単に思いつくデメリットでしょう。
探せば探すほどこの法律にはデメリットが多く含まれています。
なんたってろくに考えてもいない法律なんですから。

さらにまた簡単なデメリット。

今まで中古販売で生計を立てていた人は一体どうすればいいの?
えっ止めろってことですか?じゃあ職の斡旋はやってくれるんですか?
絶対にそんなことするわけ無いですね~。
まぁ別に2001年より前に売られたものを売ってる専門店なんてないかもしれませんけども・・・
もしあったらどうするつもり?この人生活できませんよ。
だったら検査通せって?そこまで持っていく費用はどうするの?誰が払うの?
どうせ自腹でしょ。この店赤字になりますよ。
下手したら結局潰れちゃうはめになるんですよ。
こんな事ちゃんと考えてましたか?経産省のお偉いさん方。

さてここまでは大人が主に被害を被る問題。
ここからは、主に学生に被害がでる問題。


中古ゲームが買えなくなります!

もちろん2001年より前に発売された一部のゲーム機がですが。
確実に含まれるであろうと言われているものは

PS・一部のPS2・SS・ドリキャス・PC-FX

はっきり言ってこの辺あいまいです。
スーファミとか64とかが含まれるのか含まれないのかよくわかりません。
いわばこれらは財産です。現状ではこれは中古ショップにもっていけばお金に換わるんですから。
これらを規制しようってんですから、その人の財産を無くすのと同じではないんですか?
企業の目線から考えると、その会社の資産価値は下がるでしょう。
むしろ無くなるといっても過言ではないです。
思うにこの法律をこのまんま変更せずに円滑に進めようとするのなら、
商法などを整備する必要があると思います。
このへんの法律のことは詳しくないのであまり断言は出来ませんが。


またこの法律で一番ひどい問題なのは・・・
つい最近までこの法律を知っている人がほぼいなかったということです。
一体これを2001年からずっと知っていて対策など知っていた人は何人いたことでしょう?
一般の人は知らないでしょう。かくいう私も1ヶ月ぐらい前にはじめて知りました。
経産省の対応はいかがなものだったのでしょうか。
聞くところによると、法律が出来た当初は経産省HPにUPしただけということで・・・

一般庶民という人々の


誰がいっつもそんなページ閲覧しとんねん!


誰が官報なんかこまめにチェックしとんねん!


そうそうできた当初は中古品に関することは触れられていなかったそうです。
それが時間が経つうちに何故か変化していったようで・・・。
この変化に対する省の対応は適切だったのかも疑問です。


もう訳がわからない!そもそもなんでこんなん作ろうって考えたん?
親中派の(これはどうでもいいですが)二階大臣教えてくれよ!
ちゃんと国民に納得いくように説明してくれよ!

あーそうそうこの法律はPC関連と薄型テレビは対象外なんだそうです。
いや~謎ですねぇ。どっちも家電って言えば家電なのにねぇ。

まぁちゃんちゃらおかしいこの法律・・・強制執行までの時間はあと少し・・・。


こんな個人的な言いたいことばっかりの文を最後まで読んでくださった方ありがとうございました。
これでもまだいいたいことがたくさんあったりもします(笑)

感謝感激雨あられでございます。ー了ー
スポンサーサイト
国内問題 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示
« 終了! | HOME | 方向性 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。