07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

笑っちゃいまショー

2006年07月15日
民事訴訟裁判強制執行最終通告書

                              管理コード ○△□×∀-□×


 この度御通知致しましたのは、貴殿に対する民事訴訟裁判起訴事実についてです。貴殿は御契約会社及び、回収業者から起訴されましたので当局までご連絡下さい。
 こちら「総合消費者民法特例法」上、財務局認可通達書となっておりますので、連絡無きお客様につきましてはやむを得ず裁判所からの書類通達書、指定裁判所へ出廷となります。また裁判後の処置と致しまして、給料の差し押さえ及び、動産物、不動産物の差し押さえの強制執行させて頂きます。また、当局と執行官による「執行証書の交付」を承諾して頂くようお願いすると同時に、債権譲渡証明書を1通輸送させて頂きますので承諾の上ご返送下さい。尚、書面での通達となりますのでプライバシー保護のため、請求金額、支払方法は当局職員までご連絡下さい。以上を持ちまして最終通達とさせて頂きます。


                         裁判取り下げ期日 平成18年 7月 12日


財団法人 日本財務局総合管理部
〒110-****
東京都台東区東上野○-×-○□
(代表) TEL.03-****-****
電話受付時間 9:00~19:00 (土・日・祝日を除く)




といったなんともツッコミどころ満載で爆笑必至なお葉書を頂きました(笑)
ましてオカン宛てに。
もちろん緋色は笑いながら読ませていただきました。
上の文章が届いたはがきの全文です。一部はなんとなく伏せましたが。
では1つずつツッコミを入れて、イジってイジってイジり倒したいと思います(笑)


>貴殿に対する民事訴訟裁判起訴事実について

起訴事実が50円はがきで郵送されてきちゃた~
笑っちゃうよたまんないねオホホ(坂田利夫風)


>御契約会社及び、回収業者から起訴されましたので当局までご連絡下さい

まず「起訴されました」って文句がおかしいわな。
人様を起訴できるのは検察官だけ。契約会社、回収業者ができるわけが無い。
民事裁判で検察官の皆様、久利生さんは登場いたしませーん(笑)
さらに、何故当局に連絡しないといけないのか意味が全然分からない。


>「総合消費者民法特例法」上、財務局認可通達書と云々

なにそれ?そんな新法成立されましたぁ?聞いたことございませんわぁ。
ありもしない法律でっち上げんじゃねーよ!
あともう1つ言うならば、名前からして消費者の法律を謳ってるんだから
業者に肩入れするような法律なわけないわな。
難しい文句を考えたつもりなんだろうが残念!

次に、法律が存在しないんだから財務局認可通達書なんて言う制度は無ーい。
万が一・・・いや兆が一仮にそうだとしても通達書だったとしても、
50円はがきのインクジェット紙なんかでくるかっ!もっとええもん使え!


>裁判所からの書類通達書、指定裁判所へ出廷

「、」の意味がわからない。このまま解釈すると・・・
書類通達書に出廷するという意味もとれるねぇ。日本語大丈夫?
あー分かりきったことですけど一応言っときます・・・。
ほぼ100%で裁判所関係の書類はこんな糞はがきよりも先に送られますから。


>裁判後の処置と致しまして、給料の差し押さえ及び、動産物、不動産物の差し押さえの強制執行

なに?あんたら既に裁判勝った気でいる?・・・あんたら敗訴確定だろどう考えても。
さらにどこぞの会社に差し押さえなんかされてたまるかっ!


>当局と執行官による「執行証書の交付」を承諾して頂くようお願い

嫌です。
つか執行官でどこのどなた?


>債権譲渡証明書を1通輸送させて頂きますので承諾の上ご返送下さい

嫌です。
というか存在しない債権をどうやって譲渡しろと?


>プライバシー保護

役所にプライバシー保護なんて言葉は無い。
なんかこう・・・めくるはがきで送ってくるから。


>請求金額、支払方法は当局職員までご連絡下さい

無理で~す。
あんたらの言うところの職員に電話する理由は無い。
カード会社とか携帯会社やったらまだ連絡してやってもいいけどねぇ(笑)
まぁまず警察に連絡しますわぁ。


>裁判取り下げ期日 平成18年 7月 12日

起訴されているのにどうやって取り下げるんでしょうか?
はっ・・・まさか裁判所がグル!?(笑) んなこたーない(タモさん)


>財団法人 日本財務局総合管理部

財務局が財団法人なんですって。何を考えてるんでしょうかねぇ。
なんでもかんでも法人って付けりゃあ引っかかるとでも思ってるんでしょう。
はいドンマイ。
あっもちろん日本財務局総合管理部なんてもん存在しませんから。


>東京都台東区東上野

あの~はがきの消印が三鷹なんですけど~?
台東区からえらい離れた郵便局の消印ってどうよ?
東京を知らん関西人でもわかるわっ!まぁこち亀での知識ぐらいはありますけど(笑)

>最終通達

いきなり最終通達だってさ。じゃあ一番初めはいつきたんじゃい!



私が分かるだけでこれだけの突っ込みが出来ましたぁ。
私みたいなガキに突っ込まれるなんてねぇ・・・まだまだだね。

管理コードは念のために伏せましたが、どうやら皆さん同じコードのようです。
せめて変えていく努力ぐらいはしてほしいね。

あと住所は調べた結果本当に建物が建っているみたいなんで伏せときました。
絶対業者側は適当な住所を書いてきているはずなんで、
ここに載せちゃうとリアルに住んでいる人に多大なご迷惑がかかりますから。

1つ誉めるとするなら・・・
この葉書が届くのが、裁判取り下げ期日なるものの前日に届くということ。
これで人を慌てさせて正常な判断を出来なくさせるというのが狙い!

何事も冷静な判断と合議が必要です。
変だなぁと思ったら警察なり、消費生活センターにでも連絡・相談しましょう。
100%で電話しないでほっといてくださいと言われると思いますけど(苦笑)
まぁ口に自信がある人でしたら電話してバイト君を言い負かすのも・・・
いいんでしょうが、失敗したらしつこく電話かかってくるでしょうから
止めといた方がいいでしょうね。

以上楽しいお葉書のご紹介でした。


一応いろいろとリンクを貼っときます。ご参考にどうぞ。

国民生活センター
架空請求データベース
名古屋市消費生活センター
↑は届いた葉書の画像が見れます
東海財務局
スポンサーサイト
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。