05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

だからといって

2006年07月21日
梅雨空ばっかりなんで晴れ間が楽しみな緋色です。こんにちは。


さて②日経新聞から宮内庁元長官の富田氏が書き残したとされる
メモがスクープ(というかすっぱ抜き)されました。

内容はもう皆さん知ってのとおりで、
昭和天皇が靖国神社のA級戦犯の合祀について語ったとされるメモの発見。
どのマスコミも「これはっ!」「置いてかれてたまるかっ」と感じてか、
どこもかしこもこれ一色みたいになりましたね。


昭和天皇は明らかな不快感を示し、それ以来参拝していないとということ。

だからといってこれを鵜呑みするわけにはいきませんね。
そも②これが本物だという証拠は無いんですから。

昭和天皇は亡くなっている(崩御と言ったほうがいいのかな)し、書いたとされる
張本人である富田氏も亡くなっています。

いきなり「これは天皇陛下が言っていたものだ」と言われてもね・・・

どのマスコミもこれが捏造されたものかどうか疑っているのがないのが不思議です。
どうもこの議論を8.15までに終わらせたいような気がしてやみません。
これが出てきたタイミングからしてもです。

もしこれで幕引きになってしまったら・・・
私はメモの発見でというよりも隣国の圧力に屈したという形になってしまうと
思われます(無茶苦茶な理論かもしれませんが)

大方・・・というか絶対に韓国中国は調子に乗ってきますよ。
せっかく国連の安保理決議で日本外交が今までの万年守勢から攻勢に回ったのに、
みすみす内政問題で変わるわけにもいきません。

この問題を紙切れ1枚で終わらせてはいけません。
スポンサーサイト
国内問題 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。