07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

男児誕生・・・さぁこれから

2006年09月06日
本日午前8時27分、新宮の君が、無事にご誕生になりました。
日本国民のひとりとして、心よりお慶び申し上げます。

健やかにご成長することを切に願っております。


(ここから先は私の浅い知識で書いていきますので、間違いがあるかもしれません)

41年ぶりに皇室に皇位継承者がご誕生と言うことで、
本当なら手放しでよかったよかったねぇと喜んでいたいのですが・・・
そうもいきませんよねぇ。


皇室典範


さぁどうすんのよ?

アホな政治家や共は男の子が生まれたことによって

「はいこれで論議終了!」

とでも言い出す気ではなかろうか?
それではおかしいと思うのですがいかがでしょうか?

現在の皇室典範で行けば、この新宮の君は皇位継承第3位となって

皇太子→秋篠宮→新宮 (以下敬称略)

という風に流れていくことになりますわねぇ。
男性で流れていくのでこれはこれでいいのかもしれないけども、
いろいろと不備が出てくるのではないでしょうか?

ちょっとやらしい話になってしまうけれども・・・お金の面では。

現在の東宮家には年間3億ぐらいの予算が組み込まれており、その予算をもとに
諸国訪問をなさっているわけでまだ結構な余裕があります。

一方の宮家(ここでは秋篠宮)は年間5000万程度の予算しか組み込まれていない。
ましてやこれで5人家族となったわけでなかなかの出費が予想される。

次代の天皇となるならば外国にも訪問していかなければならないだろうから
ここでの予算の少なさは考えるべきではなかろうか?


そして新宮の名前

皇太子の子供であれば天皇に命名権があるが、宮家の子供は父親(ここでは秋篠宮)
自身がつけるということになっている。

もし新宮の君が天皇になるのならば、今上天皇自身が命名なさらなかった
初めて?の天皇になるかもしれない。


さらに新宮の身分

皇位継承第3位であろうとも当分の間は「皇太子」とは名乗れません。
秋篠宮が皇位に就かれた場合には名乗ることが出来ますが、
それまではあくまでも宮家の一親王という扱いになります。

それはそれでいいではないかと思われますが、万が一のことを考えると・・・。

もし万が一秋篠宮が現皇太子よりも先に崩御なさってしまえば、
お生まれになられた新宮は「皇太子」を名乗ることが出来なくなります。

となると皇太子を名乗らなかった初の?天皇が誕生するかもしれないと。


そしてなにより雅子さんの心労が逆にひどくなるのではないかと危惧しています。


とまぁ私が思いつく限りではこれだけのことが思い浮かぶのですがどうでしょう?

これでも政治屋は議論しないと言うんでしょうか?

ひとまず当面は男性の天皇で続いていくという流れが出来たので一安心。

しかし、いつまたこんな事態が起こるやも分からないので政府は皇室典範に
ついての議論は改正も視野に含めて進めていくべきだと思います。

議論そのものを放棄してしまおうという政治屋は皇室について全く知らない
政治屋ということで間違いないんじゃないでしょうか。


この議論を終わらせてもいいかもしれない時は、雅子さんに男児が授かる時かな。


とにかく男の子であろうと女の子であろうと新しい生命の誕生とは
素晴らしきことです。
皆さん温かく見守っていきましょう。


最後に私自身は父系(男系)男子を基本とした女性天皇容認派です。
あくまでも女系と言うのは認めがたいですね。                            

緋色
スポンサーサイト
国内問題 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。